訃報

1: 2021/12/26(日) 00:40:59.71 ID:CAP_USER9
12/25(土) 12:14配信 音楽ナタリー

奇形児のボーカル・YASUが亡くなったことが、バンドのオフィシャルサイトで発表された。

オフィシャルサイトによると、YASUはかねてより食道がんで闘病しており、来年予定されていたレコーディングを励みにリハビリに取り組んでいた矢先の12月20日に62歳で永眠したとのこと。葬儀は近親者のみで執り行われた。お別れ会は後日、東京都内で行われる。オフィシャルサイトに発表されたコメントには「昨年の配信ライブがYASUの最後のステージになってしまいましたがこれからもYASUを思い出してくださると嬉しいです。応援してくださりどうもありがとうございました」と、ファンへの感謝の思いがつづられている。

奇形児は1982年11月に東京で結成されたパンクバンドで、元ザ・スターリンのタムが立ち上げたレーベル・ADKレコードから1stソノシートを発表。その後幾度かの解散と再結成、メンバーチェンジを経て、2010年に初のアルバム作品「頭を丸めて今スグ出家しろ!念仏唱えて自らを葬れ!」をリリースした。

【【訃報】パンクバンド 奇形児 ボーカル YASU 永眠】の続きを読む

1: 2021/12/24(金) 02:18:50.10 ID:CAP_USER9
オマーンのマスカット・クラブに所属するオマーン代表DFムハレド・アル=ラカディ(享年29)が、試合前のウォームアップ中の心臓発作によって急逝した。

アル=ラカディは、22日に開催予定だった国内リーグのアル・スワイク戦の試合前に行われたウォームアップ中に昏倒。その後、心臓発作による心肺停止となり、ピッチ上での心肺蘇生措置を行った後、地元病院に緊急搬送されたが、懸命な救命措置も実らず、29歳の若さで急逝した。

マスカット・クラブは、所属選手の突然の訃報を伝えている。「神の意志を受け入れる誠実な心で、マスカット・スポーツクラブの理事会とその関係者一同は、アル=ラカディのご家族に心から哀悼の意を表します」

「私たちは神に彼の慈悲を求めます。私たちは神に属しており、神のもとに帰るのです」

近年、フットボール界では試合や練習中の心臓発作による選手の昏倒という事例が相次いでおり、デンマーク代表MFクリスティアン・エリクセンがキャリアの一時中断、アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが心不整脈によって現役引退を余儀なくされている。

超WORLDサッカー!

【【訃報】サッカー オマーン代表 ムハレド・アル=ラカディ 試合前のウォームアップ中に心臓発作で急死 享年29】の続きを読む

1: 2021/12/20(月) 22:36:43.27 ID:CAP_USER9
イル・ディーヴォのカルロス・マリン、死去
2021.12.20 20:08 BARKS
no title

先週、UKツアー中に体調が急変し入院したイル・ディーヴォのカルロス・マリンが、12月19日、53歳で急逝した。

イル・ディーヴォのメンバーは、「僕らの友人、パートナーのカルロス・マリンが亡くなった」とSNSを通じ、訃報を伝えた。「彼の死は、友人、家族、ファンにより惜しまれる。カルロスのような声や魂はこの先現れないだろう。僕ら4人は17年間、イル・ディーヴォという素晴らしい旅を共にしてきた。僕らはこの先、大切な友人を恋しく思う。彼の美しいソウルが安らかに眠ることを望み、祈っている」

イル・ディーヴォは今月初めよりUKでクリスマス・ツアーを開始したが、7日、「病により今夜の公演は延期する」と告知したのに続き、3日後には残りの日程の延期を決定。16日にカルロスが入院していると公表した。

病名は明かされていなかったが、UKやスペインのメディアは、彼がマンチェスターの病院に急送され昏睡状態にあると報じていた。

ドイツで誕生し、12歳のときスペインに移住したカルロスは、ミュージカル、オペラなどで活躍後、2003年、プロデューサーのサイモン・コーウェルにより結成されたイル・ディーヴォに加入。これまで10枚のスタジオ・アルバムを発表し、世界を魅了してきた。

【【訃報】イル・ディーヴォ カルロス・マリン 死去】の続きを読む

1: 2021/12/19(日) 01:27:33.81 ID:CAP_USER9
神田沙也加さん急死 ホテル高層階から転落



女優の神田沙也加さん(35)が札幌市内のホテルの高層階から転落し、急死したことが18日、分かった。北海道警は自殺を図った可能性もあるとみて調べている。関係者によると、神田さんは18日昼頃、ホテルの14階の屋外スペースに倒れていたところを発見された。

神田さんはこの日、主演ミュージカル「マイ・フェア・レディ」の札幌公演(札幌文化芸術劇場)の昼公演(正午開演)に出演する予定だった。午前11時頃まで神田さんと連絡がつかなかったため、ダブルキャストで主人公イライザ役を演じている元宝塚宙組トップスターの朝夏まなと(37)が急きょ代役を務めた。スタッフや共演者には「神田さんは転落して現在重篤な状態です」との説明があり、神田さん以外の主要キャストも変更された。

今作では11月14日の東京・帝国劇場から始まった同公演は全国を巡り、来年1月28日に福岡・博多座で千秋楽を迎えるはずだった。

神田さんは1986年、歌手の松田聖子(59)と俳優の神田正輝(70)の間に生まれた。2002年5月に「ever since」で歌手デビュー、翌03年に映画「ドラゴンヘッド」で本格的に女優デビュー。両親譲りのルックスと歌声で人気を博した。

その後はミュージカルなどの舞台に軸足を移し、14年のアニメ映画「アナと雪の女王」で主人公の王女アナ役の日本語吹き替えを好演。劇中歌「生まれてはじめて」の評価も高くブレイクした。来年4月からのミュージカル「銀河鉄道999」でもヒロイン・メーテル役に決まるなど、仕事も順調とみられていた。

私生活では17年に俳優の村田充(44)と結婚を発表したが、19年に離婚した。

【【訃報】神田沙也加さん、死去 ホテル高層階から転落・・・】の続きを読む

1: 2021/12/16(木) 21:16:55.87 ID:CAP_USER9
12/16(木) 21:06
日刊スポーツ

劇画家の平田弘史(ひらた・ひろし、本名弘=ひろし)さん氏が11日に心不全のため死去した。公式サイトが16日に発表した。84歳だった。東京都出身。葬儀は親族で行った。

公式サイトによると、1958年(昭33)に「愛憎必殺剣」を一晩で書き上げてデビュー。それまでマンガを1度も描いたことがなかったが、以後、独学で修練し、貸本短編誌「魔像」などに作品を発表。劇画ブームの中で時代劇画の第一人者となり、「週刊少年キング」「週刊ヤングマガジン」など多くの雑誌で活躍。大友克洋の「AKIRA」の題字なども手がけた。

代表作に「御用金」「弓道士魂」「薩摩義士伝」「怪力の母」など多数。13年に日本漫画家協会賞文部科学大臣賞を受賞。


【【訃報】御用金 劇画家 平田弘史 死去 AKIRAの題字も手がけた】の続きを読む

このページのトップヘ