国際・海外・外国・言語

1: 2021/10/19(火) 21:23:03.16 ID:Rb3vDjE+0 BE:828293379-PLT(12345)


Double-jabbed Brits suffering 'worst colds ever' could have Covid without realising

「史上最悪の風邪」に苦しんでいるワクチン二度接種の英国人たちは、気付かずに Covid を持っている可能性がある

デイリーミラーのその記事の冒頭は以下のようなものです。過去数週間、英国において、何十万人もの人々が激しい風邪の復帰に見舞われている。

これらの事例証拠は、「英国での史上最悪の風邪」が広がっていることを示唆しており、おそらくは社会的距離の1年半後の免疫力の低下とマスク着用が感染の可能性を制限したことによって煽られたと見られている。この風邪は、通常の鼻水や咳ではなく、非常に人々を苦しめている。デイリーミラーの読者のひとりは、「これまでに経験したことのないひどい風邪なのです」と述べた。調査によると、二度のコロナワクチン接種をした後にかかっている風邪の上位 5つの症状は、頭痛、鼻水、くしゃみ、喉の痛み、臭いの喪失だった。 (mirror.co.uk)

【【悲報】英国史上最悪の風邪がコロナワクチン2回接種済みの数十万人に拡大 www 接種者の身体に謎の異変 www】の続きを読む

1: 2021/10/18(月) 23:37:33.10 ID:SWYsi5b60 BE:271912485-2BP(1500)

中国では不動産業界最大手の恒大集団の債務不履行危機が注目を浴びているなか、不動産大手の花様年集団も10月初旬、約2億ドル(約226億円)の社債を返済できなかったと発表し、事実上の倒産に追い込まれたが、同集団の創業者である曽潔氏は曽慶紅元国家副主席の姪であることが明らかになった。

曽慶紅氏と習近平国家主席は少年時代から親しく、習氏は曽氏を「お兄さん」と呼ぶほどだった。まだ地方幹部だった習氏が中央政界に進出し、中国の最高指導者に就任したのも、当時の江沢民主席に次ぐ実力者だった曽氏のバックアップがなければ、実現しなかったともいわれている。

しかし、今回の花様年集団の経営破綻で、両者の関係が悪化していることが裏付けられた形だ。

曽潔氏は1996年に花様年集団を創設。2020年の中国不動産企業ランキング「100強不動産企業」で第51位だった。しかし、恒大集団の債務不履行問題が表面化すると、借金経営体質が投資家から警戒され、資金繰りが悪化し、債務不履行に追い込まれたとみられる。

しかし、花様年集団はこれまでも何回か、経営危機を乗り越えてきたが、そのつど、曽潔氏が頼りにしてきたのが叔父の曽慶紅氏だった。

曽潔氏の父、曽慶淮氏は曽慶紅氏の弟。兄の政治力からか、中国文化部(省)の特別巡視員、中華民族促進会副会長、文化部駐香港特派員などを務め、中国国内や香港の芸能界を牛耳っていたとされる。また、曽慶紅氏が習氏と親しいことも、曽慶淮一家にとっては頼みの綱だった。

習氏と曽慶紅氏は義兄弟のような親密さで、清華大学を卒業して党中央軍事委員会で働き始めたばかりの習氏は曽慶紅氏のことを「慶紅兄さん」と呼んでいたほどで、2人は助け合ってきた仲だった。

最高指導者だった江沢民氏の腹心であった曽慶紅氏は、習氏を強力に推薦。習氏は2007年10月の第17回党大会で党政治局常務委員に選出され、翌3月には国家副主席に就任するなど、最高指導者への足掛かりを得てきた。


【習近平、お兄ちゃんの会社を倒産に追い込む www】の続きを読む

1: 2021/10/15(金) 15:36:35.58 ● BE:645525842-2BP(2000)

【10月14日 AFP】(更新)ノルウェーで、男が弓矢で5人を殺害した事件で、地元警察は14日、拘束した容疑者の男はイスラム教に改宗した37歳のデンマーク人で、過激思想に傾倒している恐れから警戒対象となっていた人物だったと発表した。ノルウェーの治安当局は、事件は「テロ行為とみられる」との見解を示した。

事件は13日、南東部コングスベルグ(Kongsberg)で発生。50~70歳の女性4人と男性1人が死亡、さらに2人が負傷し、同国で発生したものとしては過去10年間で最悪の襲撃事件となった。

同国の治安当局、国家公安警察(PST)は「事件は現時点ではテロ行為とみられる」ものの、今後、詳しい犯行動機について調べを進めると説明した。

警察は記者会見で、容疑者は「イスラム教への改宗者」であり、「過激化に関する懸念が過去にあった」と指摘。容疑者は取り調べに対し犯行を認めており、警察は「テロ攻撃だったのかどうかの見極めも含めて、捜査を進めている」とした。

警察は、容疑者の過激思想に関わる情報は2020年以前のもので、当時調査したと説明。「容疑者が単独で犯行に及んだのはほぼ間違いない」との見方を示した。(c)AFP/Viken KANTARCI

《ノルウェーで発生した弓矢による5人殺害事件の現場で、捜査に当たる警察関係者(2021年10月14日撮影)。》
no title


《ノルウェーで行われる警察記者会見(2021年10月14日撮影)。》
no title


《ノルウェーで発生した弓矢による5人殺害事件の現場で、捜査に当たる警察関係者(2021年10月14日撮影)。》
no title


《ノルウェーで行われる警察記者会見(2021年10月14日撮影)。》
no title


《ノルウェーで発生した、弓矢による襲撃事件の現場に出動した警察(2021年10月13日撮影)。》
no title


《ノルウェーで発生した、弓矢による襲撃事件の現場に出動した警察(2021年10月13日撮影)。》
no title


ノルウェーで発生した、弓矢による襲撃事件の現場で報道陣の取材に応じる警察(2021年10月13日撮影)。
no title

ノルウェー弓矢襲撃、イスラム過激派のテロか 当局が見解
2021年10月15日 1:10 発信地:オスロ/ノルウェー [ ノルウェー ヨーロッパ ]

【【悲報】ノルウェー弓矢襲撃、イスラム過激派のテロか 当局が見解 改宗者37歳デンマーク人】の続きを読む

1: 2021/10/15(金) 17:00:29.86 ID:bLAPzZZw0● BE:329591784-PLT(13100)

[エルサレム 15日 ロイター] - イスラエルでは新型コロナウイルスの大規模な流行から4カ月が経過し、新規感染者や重症者が急速に減少した。専門家はワクチンの3回目の追加接種(ブースター接種)やワクチンパスポート(接種証明書)、マスクの着用義務などが功を奏したと指摘している。

イスラエルは6月に新型コロナのデルタ株による流行第4波に見舞われた。

政府は新たなロックダウン(都市封鎖)は行わず、12歳以上の国民にブースター接種を行い、マスク着用を義務付けた。レストランなどの利用はワクチンの接種証明書や陰性証明書など「グリーンパス」の提示を条件とした。

9月上旬にピークを迎えて以降、1日の感染者数は80%以上減少し、重症患者はほぼ半減した。

ベネット首相は今週「日ごとにデルタ(株)の波を打ち破っている」と述べ、「新型コロナとの共生を可能にする綿密で賢明かつ柔軟な」政府の措置の結果だと主張した。

新型コロナ専門家による政府の諮問委員会を率いるラン・バリサー氏は、政策の組み合わせがデルタ株の流行抑制に寄与したの認識を示した。

マスク着用義務、グリーンパス、PCR検査や迅速抗原検査など大規模検査を例に挙げた上で、ブースター接種によるワクチン接種キャンペーンが最も効果を上げたと分析した。


【【朗報】イスラエルさん、大勝利 www】の続きを読む

1: 2021/10/15(金) 22:08:16.85 ID:vPuKldqM0● BE:135853815-PLT(13000)

中国恒大の財務調査に着手 事業継続性に問題―香港当局

【北京時事】経営危機に陥っている中国不動産開発大手・中国恒大集団に対し、香港の金融監督当局は15日、2020年度と21年度上半期の財務諸表に関する調査に着手したと発表した。同社の事業継続性に関する報告の妥当性に問題があるとしている。

当局は恒大の20年度決算について、流動負債が1兆5070億元(約27兆円)、22年に返済期限を迎える借入金が1670億元あるのに対し、現金および現金同等物が1590億元しかないとした上で、債務軽減策の実施に伴う事業継続性への影響に関して明確な説明が足りないと指摘した。

一方、ロイター通信は同日、消息筋の話として、恒大が香港で保有するオフィスビルの売却協議が白紙に戻ったと報じた。交渉相手の同業・越秀地産股※(※ニンベンに分)は17億ドル(約1940億円)を提示していたが、最終的に役員会が取得に反対したという。

恒大は資産売却による資金調達を急いでいるものの、主要な売却話が頓挫したことで、資金繰りに対する懸念が一段と強まるとみられる。


中国恒大、香港本社ビル売却が白紙に 買い手が計画撤回=関係筋

【【人類の敵】中国恒大、香港本社ビルの売却協議が白紙に もうダメかも・・・】の続きを読む

このページのトップヘ