PC・OS・ソフト

1: 2021/06/14(月) 12:32:29.68 ID:f+TOQBfs0 BE:382726842-2BP(2000)

2021年6月24日に「次世代のWindows」の発表を控えているMicrosoftが、Windows 10 HomeおよびWindows 10 Proのサポートを2025年に終了することを正式に発表しました。

2015年に、Windows 10のメインストリームサポートが2020年10月13日、延長サポートが2025年10月14日に終了することが発表されていました。

しかし今回でWindows 10のライフサイクルが見直され、Windows 10のサポート終了日が、本来の延長サポート終了日である2025年10月14日となりました。

Microsoftによれば、Windows 10 HomeとWindows 10 Proの3月と9月に行われる機能更新プログラムのリリースが2025年10月14日で終わるとのこと。Windows 10 EnterpriseやWindows Serverについては言及されていませんが、IT系ニュースサイトのTom's Hardwareは「Windows 10 EnterpriseやWindows Serverはもう少し寿命が長くなるだろう」と予想しています。

Microsoftは2015年に「Windows 10がWindowsの最後のバージョンになる」と述べていました。しかし、2021年5月末にMicrosoftのサティア・ナデラCEOが、過去10年で最も重要なアップデート」を行う「次世代のWindows」を発表すると明言しました。この次世代のWindowsが「Windows 11」となる可能性が、Microsoftが「11」という数字に合わせたさまざまな予告を行っていることで示唆されています。

Windows 10のサポート終了日が改めて発表されたのは、Windows 11が登場するためと考えられます。Tom's Hardwareは「Windowsのアクティブデバイスは全世界で13億台あり、新しいバージョンに移行するのに3~4年はかかるでしょう」と予測しました。

なお、Tom's HardwareはWindows 10のサポート終了についてMictosoftに問い合わせをしましたが、記事作成時点では回答がないとのことです。

Microsoftは2025年までにWindows 10のサポートを終了する予定 - GIGAZINE

【【悲報】Windows 10、サポート終了へ www】の続きを読む

1: 2021/06/13(日) 09:06:46.56 ID:gf/tTFhy0● BE:284093282-2BP(2000)

プログラマーのクジラ飛行机さん(@kujirahand) はこのほど、日本語プログラミング言語「なでしこ」が2021年度の中学校の教科書で採用されたと発表した。プログラミング教育の現場で教材として使われる。
no title

採用したのは教育図書(東京都千代田区)。中学校の技術・家庭科、技術分野の教科書で、なでしこを使ったプログラミングの基礎的な流れから、「サーバを活用したチャットシステムを作る」といった内容まで収録する。

no title

なでしこはクジラ飛行机さんが開発し、無償で公開しているプログラミング言語。日本語でプログラムを書いてソフトウェア開発などができる。20年で公開15周年を迎える。


【【悲報】日本語プログラミング言語「なでしこ」が中学校の教材に採用される www ガラパゴスだと批判殺到 www】の続きを読む

1: 2021/06/11(金) 21:08:23.86 ID:uEZrs1VR0
こんな感じ
no title

【【朗報】Windows10さん、ユーザーの要望に答えてタスクバーに天気とニュースを表示 www】の続きを読む

1: 2021/06/12(土) 00:04:02.01 ID:ae+gyBJv0● BE:723460949-PLT(14000)

何なんだこれは?

【【悲報】Windows10の右下の天気が目障りで鬱陶しい www しかも天気はワシントン州シアトルのだし www】の続きを読む

1: 2021/06/08(火) 16:58:00.36 ID:/B8LsZgm0 BE:422186189-PLT(12015)

アップルはデスクトップPC市場で、2020年11月3週(11/16-11/22)以来の首位になったことが、家電量販店・ネットショップの実売データを集計する「BCNランキング」で明らかとなった。

デスクトップPC市場では、富士通とNECが首位争いを展開している。しかし、直近8か月で2回アップルが首位になったことがPOSデータから明らかになった。まず、20年11月3週「Mac mini Apple M1」の発売をきっかけにメーカーシェアは26.7%に達し、首位になった。その後はシェアを落とし10%台で推移していた。しかし、21年5月4週(5/24-5/30)にシェアが22.6%達し、再び首位となった。この要因は、5/21に発売の「iMac Apple M1」が貢献している。

21年5月4週におけるアップルのシリーズ別構成比を算出したところ、発売早々のM1チップ搭載のiMacが66.5%、同じくM1チップ搭載のMac miniが18.6%だった。また、今回のiMacは7色展開だが、イエロー・オレンジ・パープルはApple Store専用販売であるためPOSデータには反映されない。残り4色の構成比をみると、ブルーが38.6%、グリーンが26.8%、シルバーが23.3%、ピンクが11.0%となり、ブルーに人気が集まっていることが分かった。

*「BCNランキング」は、全国の主要家電量販店・ネットショップからパソコン本体、デジタル家電などの実売データを毎日収集・集計している実売データベースで、日本の店頭市場の約4割(パソコンの場合)をカバーしています。


【【朗報】日本のデスクトップPC、25%近くが iMac という異常事態に www】の続きを読む


このページのトップヘ