戦争・軍事・軍隊

1: 2021/06/14(月) 09:46:27.32 ID:+7HT0VUp0 BE:902666507-2BP(1500)

IB「日本のG.I.」の米軍軍曹は日本兵たちの名誉意識、つまり軍人としての誇りや戦って死ぬための大義について、次のような観察をしていた。

日本兵たちは天皇のために死ぬことが最高の名誉だと教えられている。彼らはヤスクニ神社に祀られ、一階級進められる。しかし大きな戦闘だと兵は二階級進められる(戦死すれば)。田舎者はたいへん素晴らしいことだと思っているが、教育を受けた都会の者はだまされない。多くの者が〝Little Willie〟を切実に求めている〔44年3月、独ベルリン空襲で高射砲に撃破されつつもかろうじて生還した米軍B-17爆撃機〝Little Willie〟号になぞらえ「帰還」を意味するか〕と言う。

同じ日本人でも、靖国神社をめぐって「都会の者」と「田舎者」の間に温度差があるという指摘は興味深い。お上の教える殉国イデオロギーに対する批判精神の強弱は、それまでの人生で受けてきた教育の場と長さに比例するのだろう。天皇のために死んで靖国へ行くためでなければ、日本兵たちはいったいなぜ戦うのか。軍曹は続けて言う。

だが一方で皆降伏したり捕虜になったら祖国には戻れないと信じている。もしそうなれば殺されると言っており、もっとも教育のある者ですらも同じく信じている。この信念が、彼らを強敵たらしめている基本的要素の一つである。体罰への恐怖もまた、戦場での働きの重要な要素である。個人的には、日本兵は頭脳と自分で考える力を考慮に入れる限り、三流の兵隊だと思う。私は数人の、どの陸軍でも通用する兵隊に出会ったが、それはあくまで数人に過ぎない。

天皇や靖国のためではなく、味方の虐待や体罰が怖いから戦っているに過ぎないという軍曹の指摘を踏まえるならば、日本軍兵士は敵アメリカと戦うための明確な大義を「自分で考え」、敵を激しく憎むことができなかったことになる。このことが米軍側から「三流の兵隊」呼ばわりされるに至った根本理由だったのかもしれない。

ところで軍曹は「日本兵は互いに愛情を持たない。例えばあるトラック中隊は上級将校の命令がない限りよその中隊を手伝おうとしない。トラックの仕事がないとのらくらしている」とも述べて、日本兵たちの態度に奇異な印象を示していた。

米軍から見た帝国陸軍末期の姿

【【悲報】米兵「日本兵は三流だった。体罰に怯えて仕方なく戦ってるだけ。命令がなければ仲間すら助けない」】の続きを読む

1: 2021/06/14(月) 18:33:35.56 ID:qA5hV4xk0● BE:373620608-2BP(2000)

検証動画 新宿でビルの間をすり抜ける米軍ブラックホーク

在日米軍のヘリコプターが東京都心で日本のヘリならば違法となる低空飛行を繰り返している問題で、毎日新聞は14日、低空飛行の証拠となる第2弾の動画を新たに公開した。

米陸軍ヘリ「ブラックホーク」が昨年12月4日に新宿駅上空を通過した様子を撮影した映像で、カメラは日本の高度基準を大幅に下回る約200メートルで飛行する様子をとらえている。

日本の航空法令は、人口密集地では建物の上端から300メートルの高さを「最低安全高度」と定め、それよりも高く飛ぶように規定している。ブラックホークは昨年12月4日午前10時台に新宿駅近くの「モード学園コクーンタワー」(高さ203メートル)の横を同じ高さで通過。

そのままの高さで新宿駅上空を飛び、駅近くの「都庁第1本庁舎」(同約243メートル)と「NTTドコモ代々木ビル」(同約270メートル)の間をすり抜けている。両ビルの距離は約1100メートル。最低安全高度の適用エリアは航空機から半径600メートルのため、両ビルの間をすり抜ける飛行は日本のヘリならば違法となる。

毎日新聞はこの低空飛行について今年2月24日に動画「特権を問う・米軍ヘリ首都異常飛行(1)新宿駅の真上で低空飛行が常態化」で紹介したほか、同日以降、米海軍「シーホーク」による低空飛行なども報じている。

一連の報道を受けて日本政府が米側に事実関係の確認を求めているものの、米側は飛行からの時間の経過を理由に「詳細な確認は容易ではない」と説明し、最終回答はいまだ明らかになっていない。こうした状況を踏まえ、毎日新聞は低空飛行の実態を示す未公開動画を順次配信する。

ソース内に動画あり

【【悲報】米軍さん、新宿でブラックホークを低空飛させ都庁ビルをすり抜けてしまう www 戦時中かな?】の続きを読む

1: 2021/06/12(土) 14:29:41.04 ID:YS9DQ5X10● BE:448218991-PLT(14145)

中国が経済支援を背景にカンボジアで存在感を高める中、アメリカは現地の基地が中国に軍事利用されている疑いがあるとして、カンボジア側の同意のもと、視察を行いました。しかし、アメリカ側は懸念の払しょくには不十分だという姿勢を示し、両国の溝は深まっています。

カンボジア南部にある海軍の基地をめぐっては、アメリカの有力紙などが、中国がカンボジアへの経済支援の見返りに基地の軍事利用を認めている疑いがあると報じています。

さらに今月、カンボジアを訪れたアメリカのシャーマン国務副長官も中国軍が存在感を高めていることに深刻な懸念を表明していて、11日、カンボジア政府の同意のもと、首都プノンペンにあるアメリカ大使館の駐在武官が基地を視察しました。

しかし、アメリカ大使館は発表の中で、今回の視察には制約があり、改めて制約を設けずに視察に応じるようカンボジア側に求めたとしています。

これに対し、カンボジア政府に近いメディアはアメリカ側の要請には十分に応えたとして「大使館の発表は事実に反している」と報じました。

そのうえで「基地を訪問した目的は中国の軍事基地の設置に対する疑念を解消することではなく、地政学的な利益のために、問題を作り出すことだ」とするカンボジア国防省の高官の反論を伝え、両国の溝は深まっています。


【米国「おいカンボジア、軍事基地に中国軍いるだろ ちゃんと見せろ」 カンボジア「やだね www 」】の続きを読む

1: 2021/06/03(木) 17:49:38.61 ID:2E54BvOm0 BE:902666507-2BP(1500)

呉淞(ウースン)上陸作戦

プライベートライアンを見てるとどうしても思い出してしまうのがご当地名古屋の第三師団が壊滅(T_T)した呉淞(ウースン)上陸作戦です...(呉淞=>日中戦争初期、上海攻撃部隊の上陸地点)

ここには、名古屋第三師団が10日後に四国の連隊が敵前上陸しました。しかし、戦闘方法は、「火器によらずもっぱら銃剣によるべし」という通達が出て支給されたのは小銃弾200発と日露戦争で使った残りの骨董品の手榴弾6発だけでした。(なんでも暴発が沢山起こって恐がって兵隊達は使わずに全部捨ててしまったそうです。(-_-;)...)

その後、補給が全然できず2ヶ月間弾薬の補給は無かったそうです(-_-;)...そのため日本軍の戦闘法は一発も撃たずに塹壕を掘りながらにじり寄って至近距離から突撃するという危険な戦法でした...

敵前上陸...名古屋第三師団2万人の内半分の1万人は中国軍の機関銃陣地が抜けずに海岸で全滅してしまいました。

支援の四国の連隊が10日後に上陸すると海岸は日本兵の死体で埋まり折り重なった死体で地面も見えないほどだったそうです(-_-;)...死んでから10日もたっているので死体はどれも腐乱して膨れ上がり目が飛び出し、蛆虫が沸いて無数のハエがたかっていたそうです(T_T)...ノルマンディーの比では無く血のオマハは1000人の死者でしたがその10倍です(T_T)...プライベートライアンの最初の凄惨な15分を見てるととっても恐いのですがご当地名古屋の第三師団の惨状は想像を絶する恐ろしいものでした...(しかし、この惨状は当然国内には伝えられず秘密にされました。)

この調子で兵を敵陣に突撃させたので部隊はあっという間に消耗してどの部隊も10分の1になってしまいました(~_~メ)...

補充兵は勝手が分からずに次々に倒れてしまい新任の指揮官などが来ると無茶な命令を連発されてさらに死傷者が増えました...慌てて増援部隊を送り込みましたが無理攻めを続けたため全然進めませんでした。

呉松海岸は砂浜ではなく岸壁で日本軍はそれを登った所でトーチカ陣地から撃たれて大損害を出し岸壁の上は屍累々として足の踏み場も無かったと言う話しでした...


【【悲報】日本軍さん、上陸作戦でなぜか銃剣突撃をかましノルマンディーの10倍の死者を出してしまう www】の続きを読む

1: 2021/05/31(月) 22:48:43.20 ID:YGaJxMdl0 BE:454032396-2BP(2000)

トルコ大統領エルドアン「敵軍の10分の9を抹殺しろと命令されれば、こうもなろうッ!」

2018年には世界初となるドローンを使った大統領暗殺計画がベネズエラで実行されたほか、IS(イスラミックステート)を自称する過激派組織が爆薬を搭載した民生品のドローンを実戦投入していることが確認されているなど、ドローンは多くの戦場で兵器として使われるようになっています。

そんなドローンの中でも「完全自律」で動くドローンが標的の爆殺に成功した可能性があると国連が報告しました。これが事実であれば、機械学習機能を備えた自律兵器が人を殺傷した初めてのケースだと報じられています。

国連が2021年3月に、リビア内戦に関して安全保障理事会が設置した専門家パネルの報告書を発表しました。専門家パネルはその中で、「2020年3月の戦闘で、トルコ製のKargu-2ドローンが兵士を追跡して攻撃した可能性がある」と報告しました。
Kargu-2は、トルコの軍事企業・STMが開発したクワッドコプター型のドローンで、自爆攻撃を行うことから「カミカゼドローン(kamikaze drone)」とも呼ばれています。
Kargu-2の標的となった兵士が死亡したかどうかは明らかにされていませんが、専門家パネルがドローンを「致命的な自律兵器システム」と呼んでいるため、死亡した可能性は高いと見られます。

報告書は、顔認識システムにより標的を自ら発見して攻撃することができるKargu-2を、「この自律型殺傷兵器は、操縦者とのデータ接続を必要とせずに目標を攻撃するようにプログラムされており、実質的に真の『発射・忘却・発見』能力を備えているものでした」と評価しています。

また、この件を報じたニュースサイト・Axiosは「これが事実であれば、機械学習ベースの自律兵器が殺人に使われた初のケースとなり、戦争が危険な新時代を迎えたことを示しています」と述べました。

トルコ軍のバグ
no title

特攻ドローンが「完全自律」で人を爆殺した可能性があると国連が報告

【【悲報】人間だけを殺す機械かよ!? ガンダムF91のバグ、トルコ軍が実戦投入 www 既に敵兵を殺戮済み www】の続きを読む


このページのトップヘ