食べる・飲む

1: 2021/06/16(水) 04:17:54.88 ID:N56jo6Sv9
「築地銀だこ」は、6月8日(火)から期間限定で、“贅沢ねぎだこシリーズ”「青じそおろしポン酢」を全国の店舗にて販売している。

【写真】大葉&白ネギがたっぷり!「青じそおろしポン酢」

■1舟で2度美味しい!

「青じそおろしポン酢」は、シリーズの中でも人気の高い季節限定商品。たこ焼きの上に、刻んだフレッシュで香り豊かな大葉とシャキシャキの白ネギをのせており、青じそポン酢&大根おろしを合わせたタレにつければ、さっぱりとした味わいが楽しめる。

さらに今年は、“味変”できる「ごま油」の小袋付き。食欲そそる「ごま油」をかければ、煎りごま特有の香味と濃厚な味わいが口に広がり、また違う美味しさを堪能できる。

【「青じそおろしポン酢」概要】

発売日:6月8日(火)


no title

no title


no title

【【朗報】銀だこ・青じそおろしポン酢、発売 1舟で2度美味しい 味変できる、ごま油付き www】の続きを読む

1: 2021/06/13(日) 15:22:17.92 ID:GpZ/rwXW9
「ペヤングソースやきそば」を手がけるまるか食品から、超特大サイズのラーメンが発売されました。「ペヤング 超超超超超超大盛ペタマックス 醤油ラーメン」と「同 辛味噌ラーメン」です。

「絶対に1人で食べないでください」と書かれてしまうほどの超ビックサイズ。これは家族総出(現在3人)でも非常に難しいと判断し、実家にも協力を求め総勢8人で挑むことになりました。


調味料のセット? と思うくらいのサイズ感

今回筆者が食べてみるのは、「ペヤング 超超超超超超大盛ペタマックス 辛味噌ラーメン」です。夫が買ってきたのですが、最初見たときには「調味料のセットでもいただいたの?」と思ってしまいました。というのも、大きめの箱に入っていたからです。

通常ペヤングはビニールのパッケージになっているのですが、今回は違っていました。そしてサイズを見ても、これがラーメンと思う人はそうそういないと思います。ホームページを見ると、ペヤングソースやきそばの約7.3倍と書かれています。見た目だけではなく、重みもずっしりとあります。それもそのはず、内容量は1008gです。

焼きそばではないのでお湯は捨てない

今回の辛味噌ラーメンの蓋を開けると、麺が4つに分かれています。スープとかやくが入っているので、取り出します。その後、かやくを麺の上に入れて熱湯を注ぎます。この時に使う熱湯の量は、2200ml。筆者の家のケトルでは対応しきれず、大きな鍋でお湯を沸かしました。

待ち時間は3分。通常のペヤングソースやきそばの場合、この時点でお湯を捨てるのですが、今回は捨てません。ラーメンなのでスープを入れてよく混ぜ合わせます。とにかくすごいボリュームです。これほどの量のラーメンを見たことがなく、思わず笑ってしまうほどです。

ピリッと辛味噌でとっても美味しい

今回の辛味噌ラーメンはとにかくそのサイズに圧倒されてしまうのですが、実際食べてみるとピリッとした辛味噌スープにコクがあって非常においしいと感じます。麺は細麺で、つるつるとした食感でした。するすると食べることができます。

1食分のエネルギーは4197kcal

「ペヤング 超超超超超超大盛ペタマックス 辛味噌ラーメン」は4197キロカロリーです。量だけではなく、カロリーを考えても1人では食べないほうがよさそうです。

シェアする人を確保してから食べよう

パッケージにも書かれているのですが、このラーメンは1人で食べてはいけません。一般的な胃袋の人では、量的に1人食べるのはほぼ不可能です。時間が経てば経つほど麺がスープを吸って膨れるので、時間をかけると余計辛くなります。

今回筆者は家族総出、そして実家にも応援を依頼して総勢8人で小分けにして食べました。麺が膨れる前に食べ切れるので、美味しい状態でいただくことができましたね。ペヤングソースやきそばの約7.3倍サイズなので、7~8人で食べることによってちょうどいい量になります。食品を無駄にしないためにも、まずは最初に一緒に食べる人を見つけておきましょう!

6月7日からはコンビニ先行で発売されていますが、6月14日から一般的なスーパーでも販売されます。値段は、メーカー希望小売価格980円(税別)です。


2021年6月12日 12時20分 All About
no title

no title

no title

no title

【【朗報】通常サイズの約7.3倍 www ペヤング 超超超超超超大盛ペタマックス辛味噌ラーメン www】の続きを読む

1: 2021/06/12(土) 20:22:43.06 ID:sdWpYJF80● BE:144189134-2BP(2000)

「無印良品」を展開する良品計画は20年に粉末コオロギを材料に使った「コオロギせんべい」を発売。ネットストアと全国51店舗では売り出す度、常に1週間で完売する人気だという。「えびせんみたいで食べやすい」といった声が多い。

「昆Tuber」の肩書でユーチューブなどを活用して日々昆虫食の普及に努める清水和輝さん(21)。人類が肉や魚を食べ続けるためには昆虫食が必要だと訴える。どういうことか。

たんぱく質1キログラムを生産するのに必要なエサの量は豚がコオロギの約3倍、牛は約6倍だ。必要な水は豚が875倍、牛は5500倍にもなる。排出する温暖化ガスは豚がコオロギの11倍、牛は28倍。清水さんは「肉や魚の生産には大量のたんぱく質や穀物を使っている。その一部を昆虫に置き換えれば肉や魚を食べ続けられる」と話す。

清水さんは近畿大学農学部環境管理学科の4年生。

no title

no title


【【無印良品】コオロギせんべい、大人気 www 人類の食糧危機を救う昆虫食 www】の続きを読む

1: 2021/06/06(日) 16:50:17.43 ID:jFrL+v2T0 BE:318771671-2BP(5500)

毎日新聞

うまい棒、42年間10円を貫く理由 年7億本出荷の「国民食」

うまい棒の味は現在14種類。期間や地域限定のものもあり、好きな味が選べる=大阪市北区で2021年5月7日、菱田諭士撮影

子どものおやつから、お酒の「あて」まで、幅広く食べられている「うまい棒」。もはや“国民食”といっても言い過ぎでないほど、誰もが知っている駄菓子だ。サクサクした食感と味のバリエーションが人気のコーンスナックは、年間の出荷本数がなんと7億本!

国民1人が1年に5.6本食べている勘定になる。

何より、1本10円という安さ。ものの値段を「うまい棒○本分」と換算することもあるほどおなじみだが、このご時世に安過ぎないかとちょっと心配……。発売以来42年間、変わらない10円の秘密とは? 発売元の「やおきん」(東京都墨田区)に尋ねた。【水津聡子】

no title


【【悲報】うまい棒、年間7億本しか売れてなかった www メーカーの利益殆ど無いだろうな www】の続きを読む

1: 2021/06/06(日) 19:50:19.06 ID:nx8JLdls0 BE:519772979-PLT(15072)

no title

九州のご当地アイス「ブラックモンブラン」を製造・発売する竹下製菓が、埼玉県・幸手のアイス製造会社を買収したというニュースが流れた昨年10月。「いよいよ関東進出!」と、熱狂的なファンからSNS上をはじめとして大きな反響が巻き起こった。

人口およそ4万5000人。羊羹の購入量が日本一を誇る「お菓子どころ」の佐賀県小城市には、今年で販売されて52年の「ご当地アイス」を作り続けている竹下製菓がある。その名も「ブラックモンブラン」。バニラアイス・チョコ・クランチの絶妙なバランスが人気を呼び、九州を中心に販売累計数はおよそ10億本。夏場で1日20万本以上、冬は9万本~10万本が製造されている。

このブラックモンブラン、実は「食べたことがある人」は全国的には決して多くない。2021年5月に自身のSNSを活用して実施した「“ブラックモンブラン”を食べたことがありますか?」という、アイスクリームを毎日1個は必ず食べている3000人(20歳~40歳、男女比4対6)を対象にしたアンケート調査でも、

「ブラックモンブラン」を知っているが食べたことがない人 92.6%

「ブラックモンブラン」を知っていて食べたこともある人 7.4%

という結果が出た。毎日アイスを食べている人たちでもこの結果である。

しかし、同時に食べたことがある方へインタビューしてみると、「急に食べたくなるアイス」「食感がいい」「子供の頃から食べていた味」「家の中や車の中で食べたら怒られる」などなど、各々の思い出を交えながら、誰もが笑顔で応えていた。まさに一度食べたらその良さが分かる、子供から大人まで長年親しまれるアイスクリーム。それが「ブラックモンブラン」だ。

ザクザク食感へのこだわり

「ブラックモンブラン」の特徴をひと言で表せば、こだわりのバニラアイスをチョコレートとザクザク食感のクランチでコーティングしていることだ。


【【朗報】九州のソウルアイス「ブラックモンブラン」、半世紀を超えついに今年の夏に関東発売か www】の続きを読む


このページのトップヘ