医療・健康・身体

1: 2021/06/04(金) 16:45:03.99 ID:YhAVDHvq0● BE:284093282-2BP(2000)

no title

no title

no title

no title

no title

no title

no title

【お医者さん「お尻の穴に異物が入ってますが……」 患者「そういえば、昨日お風呂場で尻餅ついた!」】の続きを読む

1: 2021/05/31(月) 20:43:21.28 ID:ke3NmKX50● BE:439992976-PLT(16000)

Is Ivermectin the New Penicillin?

As those Indian States using Ivermectin continue to diverge in cases and deaths from those states that forbid it, the natural experiment illustrates the power of Ivermectin decisively.

Cases in Delhi, where Ivermectin was begun on April 20, dropped from 28,395 to just 2,260 on May 22. This represents an astounding 92% drop. Likewise, cases in Uttar Pradesh have dropped from 37,944 on April 24 to 5,964 on May 22 - a decline of 84%.

Delhi and Uttar Pradesh followed the All India Institute of Medical Sciences (AIIMS) guidance published April 20, 2021, which called for dosing of .2 mg per kg of Ivermectin per body weight for three days. This amounts to 15 mg per day for a 150-pound person or 18 mg per day for a 200-pound individual.

The other three Indian states that adopted it are all down as well. Goa is down from 4,195 to 1,647, Uttarakhand is down from 9,624 to 2,903, and Karnataka is down from 50,112 to 31,183. Goa adopted a pre-emptive policy of mass Ivermectin prevention for the entire adult population over age 18 at a dose of 12 mg daily for five days.

Meanwhile, Tamil Nadu announced on May 14 they were outlawing Ivermectin in favor of the politically correct Remdesivir. As a result, Tamil Nadu's cases are up in the same time frame from April 20 to May 22 - 10,986 to 35,873 - more than a tripling.


簡単に言うとインドで採用した州は感染者が80%~90%減少し、禁止した州の症例は3倍!


【イベルメクチンは新たなペニシリンか?】の続きを読む

1: 2021/05/27(木) 21:32:27.66 ID:ztzzcRVO9
さくらんぼには抗酸化作用と抗炎症作用があるため、痛風のある人の多くは、症状の治療と再燃の予防に役立つチェリージュースを飲もうとすることがあります。

痛風は、米国で300万人以上が罹患している関節炎の一種です。

この記事では、チェリージュースを飲むことが痛風の効果的な治療オプションであるかどうかを見ていきます。また、他の痛風管理のヒントについても説明します。

チェリージュースは痛風を和らげるのに役立ちますか?

痛風は、血中の尿酸の蓄積が原因で発生します。この蓄積は、関節や他の組織(痛風結節)の中や周りに集まる針状の結晶に形成される可能性があります。

結果として生じる炎症は、腫れや痛みを引き起こす可能性があります。

さくらんぼには、痛風を和らげるのに役立つ可能性のある抗酸化作用と抗炎症作用があります。

しかし、チェリージュースを飲むことが痛風の効果的な治療選択肢であるかどうかに関するエビデンスは矛盾しています。

その背後にある理論は何ですか?

さくらんぼには、さくらんぼに色を与える化合物であるアントシアニンが含まれています。

1 2019年の記事信頼できるソース アントシアニンは、痛風の症状を治療するときに役立つ可能性のある抗酸化作用と抗炎症作用を持っていることに注意してください。

この記事は、酸化ストレスが痛風の症状に影響を与える可能性があると述べています。酸化ストレスは、体内の抗酸化物質とフリーラジカルの間の不均衡です。

アントシアニンは酸化プロセスを妨害し、フリーラジカルを除去します。

モンモランシータルトチェリーの皮には、抗酸化物質が大量に含まれています。タルトチェリージュース濃縮物は、フリーラジカルを吸収するのに効果的であるようです。

痛風の症状は炎症反応によって発生しますが、チェリージュースの抗炎症作用が痛風の治療に有効であるかどうかに関する既存の研究は限られているようです。

免責事項:アドバイスを含むこのコンテンツは一般的な情報のみを提供します。それは決して資格のある医学的意見に代わるものではありません。詳細については、常に専門家または医師に相談してください。5ちゃんねるは、この情報に対する責任を主張しません。


no title

【【朗報】サクランボは痛風に効果があると発表される www】の続きを読む

1: 2021/05/20(木) 23:14:12.96 ID:TPvz1SsC9
コロナ禍で政治資金パーティーや高級寿司デートを報じられた、日本医師会の中川俊男会長(69)が理事長を務める医療法人「新さっぽろ脳神経外科病院」でクラスターが発生した。

同病院は20日、「新型コロナウイルス感染症発生のお知らせ」を公式サイトで発表。

20日までに病棟職員4人、入院患者7人の陽性が確認された。

同病院は「現在、札幌市保健所へ報告指導のもと、院内の感染拡大防止対策を行うとともに、接触者となった関係者にPCR検査を実施しております」と報告。

続けて「当院では日頃より職員全員がマスク着用、検温、手洗い、アルコール消毒を実施しており、今後も院内消毒と感染防止対策を引き続き行い、札幌市保健所の指示に従い患者さまの安全を守ることを優先してまいります」としている。

通常の外来診療は行うものの、救急診療や入院の受け入れは当面の間停止した。

昨年6月に日本医師会会長に就任した中川会長は、現在も「新さっぽろ脳神経外科病院」の理事長を務めている。

同会長をめぐっては、まん延防止等重点措置が適用されていた4月20日、自民党の自見英子参院議員の政治資金パーティーの発起人として参加していたことが「週刊文春」の報道で発覚。さらに、20日発売の「週刊新潮」では、コロナ禍の昨年8月に女性と〝すしデート〟していたことが報じられ、批判を集めている

5/20(木) 19:34
配信
東スポWeb

【【大爆笑 www 】日本医師会の中川俊男が理事長を務める病院で11人のクラスター発生 www 【パーティ&すしデート】】の続きを読む

1: 2021/05/20(木) 07:28:12.68 ID:S0niq5DF0● BE:788192358-2BP(10000)

歯磨きに「虫歯を予防する効果はない」衝撃事実
「虫歯を減らす」たった2つの方法とは?
2021年05月17日
山本 龍生 : 神奈川歯科大学大学院歯学研究科教授・歯学博士

でも、実際に歯ブラシでこするだけの歯磨きには、むし歯の予防効果はありません。なぜなら、むし歯になりやすいところは、たいてい歯ブラシの毛先が届かないからです。

むし歯になりやすいところとは、奥歯の噛み合わせの溝の中と、歯と歯の間です。また、一度むし歯を削って材料を詰めた場合、詰めた素材と歯の境目も、歯ブラシの毛先が届かず、新たにむし歯になりやすい箇所です。

歯ブラシによる歯磨きのむし歯予防効果がどれほどのものか、これまで多くの国で検討されてきました。しかし、残念ながらほとんどの研究で歯磨きによるむし歯予防効果は実証できませんでした。

最も効果的な虫歯予防法は「フッ素」

歯ブラシによる物理的な歯垢除去によるものではなく、歯ブラシでフッ素を塗ることで、むし歯予防効果が表れていたのです。

最も効果的なむし歯の予防法は、フッ素を使うこと。フッ素には、むし歯の初期に起こる、歯から唾液中に溶け出したカルシウムやリンを元の歯に戻す効果があります(再石灰化作用)。また、口の中の細菌の増殖を抑える作用や、歯のエナメル質に働いて酸に溶けにくくさせる作用もあります。

歯ブラシは、歯垢を落とす道具ではなく、歯にフッ素(フッ素入り歯磨剤)を塗る道具なのです。このことは、世界保健機関(WHO)が監修した、むし歯予防の本にも明記されています。

歯科を受診し、むし歯の部分を削って金属や樹脂などの材料を詰めてもらったら、「治してもらった」と患者としては思います。しかし、実際は「治して」はいません。治療は終わりではありません。むし歯で失った歯の部分を、金属や樹脂など歯とはまったく異なる材料で置き換えただけといえます。

いかそ

【【は?】歯学博士「歯磨きに虫歯を予防する効果はない」】の続きを読む


このページのトップヘ