時事・社会

1: 2021/01/20(水) 20:30:24.54 ID:uNRteo8M9

共通テスト鼻マスク問題 逮捕された49歳男の異様な言動 同じ会場の受験生が証言
今西憲之2021.1.20 13:30週刊朝日

 大学入学共通テストの会場で1月16日、男性の受験生(49)が鼻をマスクで覆わず失格とされた問題は警察沙汰にまで発展していた。

 警視庁は男性が試験終了後、試験会場のトイレに4時間近く閉じこもったとして建造物不退去容疑で現行犯逮捕したが、すでに釈放している。

 騒動は受験会場となっていた、東京都江東区の東京海洋大学越中島キャンパスで起こった。同じ試験会場にいた受験生によると、男性は試験が開始されたときから、様子がおかしかったという。受験生は本誌にこう語った。

「本当に迷惑でした。最初から、セキを何度も繰り返していたのですが、わざとらしい。嫌だなと思ったら、こんな騒ぎです。集中できず、困りました」

 受験生らから詳しく会場の様子を聞き取った塾の教師もこう証言する。

「セキをわざとらしく何度もするので、会場では目立ったそうです。試験がはじめって、20分か30分くらいで、監督者が『マスクを鼻までしてください』と注意をはじめた。しかし、男性は従う様子はなく『これでいい』などと反抗していたそうです。その後も、監督者に反抗していたそうです」

 休憩時間になると、監督者だけではなく、責任者と思われる人なども加わって、男性に注意していたという。それでも、男性はこう捲し立てたという。

「いつもこの着用だ」

「(鼻まで着用すると)息苦しい。眼鏡が曇ってしまう」

 午後は外国語の試験があった。男性はその後も監督者らの指示には
従わず、鼻までマスクをすることはなかった。監督者は注意を繰り返したが、それでも従わない男性。注意は7回に及んだ。

「外国語の試験の時に、監督者や責任者らしい人が何人か入ってきた。『マスクを正しくして』などと言っていたが『しています』と男性は、また文句を言いはじめた。『試験が受けられなくなりますよ』『無効になる』『場所を移動しませんか』とかも監督者は言っていた。しかし、従う様子はなかったそうです。しばらくして英語のリーディングの試験中にもかかわらず、男性ひとりを会場に残して『別室に移ってもらいます』といわれて教室をかわった。その時も男性は『うるさい』と口論はますますひどくなっていた。外国語はリスニング、ヒアリングがあります。とても敏感になる科目。男性と監督者がもめるたびに集中できなかったそうです」(前出の塾の教師)

 その後、男性は失格を告げられると、トイレに立てこもったという。出てくるようにと説得されたが、応じず、4時間近くになっても外に出ようとしなかった。あげく、警視庁深川署に逮捕されたという。

「マスクを鼻までしない、注意しても聞かないということで、何度も試験会場から問い合わせがあった。もちろんこんな逮捕ははじめてのことです。受験上の注意として、医師の診断書があれば、マスクなしで試験が受けられることも告知している。鼻までしないことで、他の人の不安を与える可能性がある。まったく注意を聞かないので、失格という判断になった」(文部科学省関係者)


【【共通テスト】逮捕された49歳 わざとらしくセキを何度もしていた】の続きを読む

1: 2021/01/19(火) 12:55:50.77 ID:nxXac60V9


大学共通テストの受験生が2021年1月17日、SNS上で新型コロナウイルスへの感染を装った虚偽の投稿をし、受験会場となった奈良学園大が対応に追われた。

大学によれば、電話やメールで問い合わせがあり、警察にも相談した。その後、本人から投稿内容は事実でないと謝罪があったという。

■受験したのは事実だが...

浪人生を名乗る投稿者が17日の夜中に「実はコロナ陽性で黙ってた」とツイッターに書き込んだ。試験会場内で意図的に唾を吐いたとして、「お前ら二次試験受けれないよw」と他の受験生への感染拡大も示唆していた。

その2日前の投稿では、自身の試験会場は奈良学園大と明かしており、一連の投稿は波紋を広げた。

奈良学園大の入試広報課は18日、J-CASTニュースの取材に、電話やメールでの問い合わせで事態を把握し、警察に相談したと明かす。

入試広報課によれば、波紋を広げた投稿については、投稿者本人から連絡があり、感染はしておらず、会場内での迷惑行為も嘘だったと謝罪があった。伝えられた個人情報を基に共通テストの出願名簿と照合としたところ、受験していたのは事実だった。

■酒の勢い?身内向けに発信と釈明

入試広報課に投稿者本人が話したところによれば、友人向けのツイッターアカウントから飲酒した状態(未成年ではないとしている)で発信し、5分ほどで削除した。しかし、翌朝にツイッターを見ると投稿が拡散しており、「えらいことをしてしまった」との思いで大学に電話した。警察からも大学に電話があり、本人から連絡があったと伝えられた。

入試広報課の担当者は「本人は非常に反省していると信じておりますので、これで十分お灸は据えられているのかなと考えております」と話し、警察に被害届を出すなどの対応は予定していないとした。

投稿者は騒動を受け、ツイッターで「本当に申し訳ありませんでした。受験生の皆様、私はコロナではありません」などと謝罪している。

【【奈良学園大】共通テストの受験生「実はコロナ陽性で黙ってた。会場に唾を吐いたから、お前ら二次試験受けれないよw」とツイート、謝罪 www】の続きを読む

1: 2021/01/18(月) 15:23:32.35 ID:WkLFrWgy0 BE:422186189-PLT(12015)

パチンコ・パチスロ店の「プレイランドハッピーすすきの店」が、2021年1月11日に閉店した。これによって札幌ススキノの歓楽街からパチンコ店がゼロになった。

「プレイランドハッピーすすきの店」は、札幌市中央区南5条西3丁目11の美松ビル1階と地下1階で営業していた。運営企業は、道内パチンコ大手の新和グループ(本社・札幌市中央区)。営業開始は2001年、それから19年で閉店した。美松ビルは地下1階、地上8階建てのソシアルビル(飲食店系ビル)で1966年の竣工、今年が築55年になる。「プレイランドハッピーすすきの店」が入る前は、ビルオーナーの美松企業が「札幌娯楽センター」を展開していた。

ススキノ地区でのパチンコ店は、正栄プロジェクト(本社・札幌市中央区)の「イーグルサイバーシティ南5条店」(南5条西2丁目2)があった。同店は、サイバーシティビル1階に1995年に出店したが、わずか1年で撤退している。それ以降、「札幌娯楽センター」とその店舗跡に居抜き出店した「プレイランドハッピーすすきの店」が、ススキノ地区で営業する唯一のパチンコ店だった。

なお、「プレイランドハッピーすすきの店」は、JR札幌駅から伸びる駅前通にも面していたが、今回の閉店によって、駅前通に面するパチンコ店は、「ベガスベガス狸小路店」(南2条西4丁目1ー3、札幌ナナイロビル)の1店舗だけになった。


【【朗報】ススキノからパチンコ店が完全消滅 www ぜんぶ潰れた www】の続きを読む

1: 2021/01/18(月) 20:27:40.45 ID:r05nYNlI0 BE:447187251-2BP(1500)

“マスク不正行為”は総合的判断
01月18日 16時13分

感染が拡大する中で実施された「大学入学共通テスト」で、マスクから鼻が出た状態を正さなかった受験生の成績が無効になったケースを受け、大学入試センターには、マスクの着用をめぐって不安の声などが寄せられているということです。センターでは、受験生が指示に従わなかった際の対応や、ほかの受験生への影響を含めて、総合的に判断したと説明しています。

17日までの2日間に1回目の本試験が実施された大学入学共通テストでは、初日に都内の会場でマスクから鼻が出た状態だった受験生1人が、監督者から鼻を覆うよう試験中に6回、さらに休憩時間も注意されたものの正さず、不正行為と認定されて成績が無効になるケースがありました。今回の共通テストでは、受験生は会場で正しくマスクを着用することが求められていて、大学入試センターは、「次の注意で無効になる」と告げたあとも応じず、「試験場で監督者などの指示に従わない」という不正行為の要件に該当したと発表していました。関係者によりますと、この受験生は40代で、監督者の指示に従わなかった際の対応に加えて、最終的には不正を告げられると会場内のトイレに閉じこもり出て来なかったことから、かけつけた警察官によって退去させられたということです。


【【悲報】大学入学共通テストでの鼻マスク退場男、40代の氷河期おじさんだった www】の続きを読む

1: 2021/01/18(月) 14:59:04.74 ID:MgnWCvcc0 BE:292723191-PLT(19081)

17日に行われた大学入学共通テストの第1日程で、マスクで鼻を覆うよう何度も注意したのに従わなかった受験生が失格になった。

東京での最初の試験だった地理歴史・公民で、特別な理由を申請していないのにマスクから鼻が出ていた。係官が覆うように求めたが応じず、その後の試験中を含めて計6回注意を受けた。「次に注意を受けると失格になる」と伝えたが、7回目も従わず、拒否の理由は不明という。

この報道について劇作家・演出家の鴻上尚史氏(62)が18日、「しかし、6回も注意されても鼻を出していたということは、なんらかの理由があるんじゃないだろうか」とツイート。脳科学者の茂木健一郎氏(58)も「ぼくもそう思いました」と反応した。

茂木氏は「鼻出しマスクの受験生の答案を無効にして試験官は何を守りたかったのか?」と疑問の声を上げ、「鼻出しマスクの件、ネット情報によると、共通試験で配布された冊子には『マスクを正しく着用』としか書いてなかったようで、『鼻を覆う』ことを意味するかは曖昧」と指摘。

続けて「試験結果無効のような重大な結果をもたらす判断をする上ではお粗末。杓子定規のロボット試験監督による人権侵害だと私には思える」と大学入試センターの対応を批判した。


【【老醜】茂木健一郎、鼻出しマスク受験生失格に疑問 www 「杓子定規のロボット試験監督による人権侵害」】の続きを読む


このページのトップヘ