映画

1: 2020/12/29(火) 17:51:32.70 ID:CAP_USER9

人気アニメ『鬼滅の刃』の公式ツイッターが29日、毎週発表していた『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の最新興行成績について、年内をもって一旦終了することを発表した。

10月16日より公開中の同映画は、きのう28日に初日から73日間で、観客動員2404万9907人、興行収入324億7889万5850円を記録したと発表され、実写作品も含めた歴代の興行収入ランキング1位の『千と千尋の神隠し』の316.8億円(興行通信社調べ)を突破する快挙を達成した。

公開3日間で興行収入46億円、10日間で107億円、17日間で157億円、24日間で204億円、1ヶ月で233億円、公開16日間で動員数1000万人、45日間で2000万人。驚異的なスピードで興収・動員数を伸ばし続け、毎週月曜日の正午ごろに最新の興行成績が公式より発表されることから「今週はどれだけ伸ばしたのか?」とファンの間で注目されていた。

そんな中で今週、興収歴代1位に輝き、一区切りの意味合いもあるのか、公式ツイッターでは「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編に関して、本アカウントからの毎週の興行成績発表は、2020年内で一旦終了致します」と告知。「皆様に直接御礼をお伝えできたこと、とてもうれしく思っております。感謝の気持ちは忘れず、来年も興行を続けて参ります。以降は、興行通信社からの発表等にてご確認ください」と感謝の言葉を伝えた。

『鬼滅の刃』は、2016年2月から20年5月まで『週刊少年ジャンプ』で連載していた漫画が原作で、コミックス累計1億2000万部を突破する人気作。大正時代の人喰い鬼の棲む世界が舞台で、炭売りの少年・炭治郎は、人喰い鬼に家族を惨殺されたことで生活が一変し、唯一生き残ったが鬼になってしまった妹の禰豆子を人間に戻すため、家族を殺した鬼を討つために旅に出るストーリー。

昨年4月から9月にかけてテレビアニメが放送され、人気に火が付き社会現象化。アニメの最終話からつながる今回の劇場版は、鬼が乗っ取った“無限列車”を舞台に、炭治郎と炎柱・煉獄杏寿郎らが鬼と戦うストーリーが展開されている。

12/29(火) 17:45配信

【【鬼滅の刃】公式ツイッターでの興収発表を一旦終了 www 歴代1位で一区切り www】の続きを読む

1: 2020/12/29(火) 14:26:54.94 ID:CAP_USER9

河村鳴紘

人気アニメ「鬼滅の刃」の劇場版「無限列車編」の興行収入(興収)が、「千と千尋の神隠し」(約317億円)を超え、ついに史上最高額なりました。28日正午にメディアが「興収約325億円」と報じると、ツイッターでは喜びの声と共に「次は400億円」という、気の早い声も飛び出すなど大きく盛り上がっています。

さて今後ですが、ここから先は「未知の世界」です。週の興収の減少幅が、緩やかなことを考えると興収350億円の到達は可能でしょう。しかし史上最高額の突破を受けて、ファンの興味が一気に薄れる(映画館に足を運ばなくなる)可能性は否定できません。

そしてその上の400億円になるには、一つの「壁」が立ちはだかります。来年1月23日に公開されるアニメ映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」です。ちなみに配給は東宝、東映、カラーになります。

「エヴァ」へのスクリーン数に加え、作品の反響次第ではありますが、ファンの興味が「鬼滅」から「エヴァ」に流れるのは避けようがありません。そして「鬼滅の刃」の大ヒットについて、「スクリーン数の多さ」を指摘する声は少なくありません。つまり「エヴァ」のスクリーン数と興収について、関係者は相当注目するでしょう。そういう意味では、興収最高記録を突破しても「鬼滅の刃」の興収動向は依然として気になることになりそうです。

【鬼滅の刃の興収史上最高額にネット大歓喜 www 「次は400億円」の声も「立ちはだかる壁… ファンの興味が鬼滅からエヴァに?】の続きを読む

1: 2021/01/02(土) 22:13:26.34 ID:6zOGiE+K0● BE:971946189-2BP(2000)

内村光良 子どもと映画「鬼滅の刃」観賞し号泣「5、6回しゃくりあげて泣いた」
no title

【映画「鬼滅の刃」で泣けなかった奴いる?】の続きを読む

1: 2020/11/29(日) 17:45:21.12 ID:IJQKmHfG0● BE:632443795-2BP(10000)

『スター・ウォーズ』オリジナル3部作でダース・ベイダーを演じたデヴィッド・プラウズが死去
2020/11/29 17:07掲載

David Prowse, Man Behind the Darth Vader Mask,
『スター・ウォーズ』オリジナル3部作でダース・ベイダーを演じたデヴィッド・プラウズ(David Prowse)が死去。ハリウッド・リポーター誌によると、短い病気の後、11月29日(米国時間)の早朝に亡くなりました。マネジメントのBowington Managementはこの訃報をツイッターで共有しています。彼は85歳でした。

It's with great regret and heart-wrenching sadness for us and million of fans around the world, to announce that our client DAVE PROWSE M.B.E. has passed away at the age of 85. #DaveProwse @starwars #DarthVader #GreenCrossCodeMan #iconic #actor #bodybuilder #MBE pic.twitter.com/dL2RmdIqg8
― Bowington Management (@BowingtonM) November 29, 2020


デヴィッド・プラウズは1935年イギリスのブリストル生まれ。ボディビルダーやウェイトリフティング選手として活動した後、身長198センチの長身と屈強な体格を生かして、イギリス俳優として活躍。1966年に『007 カジノロワイヤル』で俳優としてデビューし、『スターウォーズ』シリーズのエピソード4『新たなる希望』~エピソード6『ジェダイの帰還』でのダース・ベイダー役として一躍有名となる。他の出演作品は『時計じかけのオレンジ』『ジャバーウォッキー』など。2000年に大英帝国勲章(MBE)を授与された。



【【訃報】ダース・ベイダーさん、死去・・・】の続きを読む

1: 2020/11/24(火) 16:48:47.15 ID:K0L0a/U50● BE:784885787-PLT(16000)

「勘弁して!」 鬼滅ブームに〝コロナ第3波戦犯説〟
東スポWeb

超人気映画がコロナ第3波の戦犯!? 23日に全国で1519人の新型コロナウイルス新規感染者が確認され、東京都では報告数が比較的少ない月曜日にもかかわらず314人を数えた。「GoToキャンペーン」の見直しが迫られている中、連日の感染者激増に反応したのがネット民だ。先月16日に公開され大ヒットし、コロナ禍に苦しむ映画館の救世主となった「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が一転、第3波感染拡大の“戦犯”ではないかというのだ――。

もはや1日あたり4桁は珍しくない全国の新型コロナ新規感染者数。人口の多い東京では19日から3日連続で500人を超え、19日に感染状況の指標が最も深刻な「感染が拡大している」に引き上げられた。札幌をはじめ各主要都市でも感染再拡大が顕著となっている。

ある芸能プロ関係者は「ライブやイベントなどは第2波以降、観客数を制限して実施してきました。少しずつ制限緩和に向けて模索していた矢先だったんですが…。すぐに落ち着くとは考えにくいので、再び中止が相次ぐでしょう。もたない制作会社が続出すると思う」とため息を漏らす。

そんな危機の中、批判のヤリ玉に挙げられているのが「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」だ。

先月16日に公開されて31日間で興行収入233億円、観客動員1750万人という途方もない数字をたたき出した同映画は、コロナで閉塞感漂う列島を沸かせた功労者。関連グッズも軒並み売り上げを伸ばし“鬼滅特需”の経済効果は莫大だ。

ところが、ネット上では「鬼滅の大ヒットのせいで感染が拡大している」との書き込みがあふれているという。「SNS上ではさながら“戦犯”の様相です。まったく根拠がないわけではありません。新型コロナの潜伏期間はおよそ2週間とされます。『鬼滅』が先月公開されて2週間後、新規感染者の数は確かに上昇トレンドをたどっている。


【【新型コロナ】鬼滅の刃のせいで感染者爆増?戦犯『鬼滅の刃』 「クソッあんなアニメさえなければ…」怨嗟の声多数 www】の続きを読む


このページのトップヘ