令和萬報

時事・社会・スポーツ・芸能!オール・ジャンル・ブログです!


芸能

1: 2020/10/28(水) 18:01:33.88 ID:8YhFiWFK0
これにはなんj民もビンビン
no title

【【朗報】国民的コスプレイヤーえなこさん、本日もめちゃくちゃエッチ www】の続きを読む

1: 2020/10/27(火) 14:01:14.81 ID:CAP_USER9

2020.10.27

タレントの叶姉妹が26日にブログを更新。現在公開中の大ヒット映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』のキャラクター・煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)のコスプレ姿を披露した。

この日、叶姉妹は「叶アート・コスプレ 最新作 鬼滅の刃『無限列車編』煉獄杏寿郎  煉獄さんの魂に触れていたくて…」と美香が現在公開中の大ヒット映画『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の登場人物・煉獄杏寿郎のコスプレに挑戦した写真を投稿。煉獄杏寿郎の特徴である二股に分かれた眉毛や金髪に赤髪が混じったヘアスタイルも見事に再現している。

美香のクオリティの高い煉獄杏寿郎コスプレに、ネットでは「美香姉様の煉獄さんかっこよ!」「マジでファビュラスな煉獄さんじゃないか」「最大の特徴であるギョロ目感がすごくリアルに再現できている」「この全力感は好感が持てる」「ちゃんと眉毛まで本気なのがいい。さすが!」「これはw結構炎柱の雰囲気出てますやんw」「指の形にこだわり感じるわぁ」と好意的なコメントが多数寄せられている。

過去には『鬼滅の刃』のヒロイン・竈門禰豆子、“蟲柱”の胡蝶しのぶ、“恋柱”の甘露寺蜜璃などのコスプレを披露している美香。男性キャラクターまで再現するとは、コスプレに対する本気度がうかがえる。

no title

【【鬼滅の刃】叶美香さん、が煉獄杏寿郎のコスプレ披露 www】の続きを読む

1: 2020/10/25(日) 20:44:34.14 ID:CAP_USER9

タレントの森下悠里(35)が自身のインスタグラムを更新し、人気漫画「鬼滅の刃」の恋柱・甘露寺蜜璃(かんろじ・みつり)のコスプレショットを公開した。

映画「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」は、公開3日間の興行収入が46億円と過去最高の大ヒットを記録し、社会現象となっている。

森下は「#コスプレ #甘露寺蜜璃 #甘露寺蜜璃コスプレ」とつづり、胸元が大きく開いた鬼殺隊の制服に腰まである三つ編みを完コピし、蜜璃になりきった写真をアップした。

ネット上には「実物かと思いました」「リアルすぎます」「これは反則だー」「こんなにセクシーな蜜璃見たことなかった」「実写版もう決定ですね!」など絶賛の声が上がっている。
報知新聞社

no title

no title

【【鬼滅の刃】森下悠里さん、恋柱・甘露寺蜜璃のコスプレ姿に絶賛の嵐 www】の続きを読む

1: 2020/10/25(日) 12:53:21.06 ID:CAP_USER9

10月7日、女優・能年玲奈(27、現・のん)の記事を巡る「週刊文春」と芸能事務所レプロエンタテインメント(以下レプロ)との名誉毀損訴訟で、最高裁が本誌の上告を退けた。本誌に対する損害賠償額約1億1000万円の求めに対し、計440万円の支払いを命じた東京高裁の判決が確定した。

「あまちゃん」出演後の不自然な仕事の少なさ

裁判の対象となったのは「週刊文春」2015年5月7・14日号の「国民的アイドル女優はなぜ消えたのか? 能年玲奈本誌直撃に悲痛な叫び『私は仕事がしたい』」だった。

13年、当時19歳だった能年はNHK連続テレビ小説「あまちゃん」に主演。“あまちゃん旋風”を巻き起こし、一躍国民的アイドルとなった。通常“朝ドラ女優”はここから数々のドラマ・映画に出演を重ねていく。

しかし、「あまちゃん」以降の2年間、能年が女優として出演したのは、映画2本と20分のドラマ1本のみ。その人気と乖離した、不自然な仕事の少なさはなぜなのか――。本誌記事はその背景に、能年と当時の所属事務所レプロとの間に深刻な対立があることを指摘した。彼女の「私は仕事がしたいです」との悲痛な叫びも伝えている。

するとレプロと同社社長の本間憲氏は15年6月、記事が名誉毀損に当たるとして、損害賠償と謝罪広告の掲載を求め、東京地裁に提訴したのである。

東京地裁(中園浩一郎裁判長)で争点になったのは、能年とレプロの対立の原因となった、主に以下の事柄についての記述だった。

(1)朝ドラの撮影や打合せの際に事務所が車を用意せず、下着も買えないほど厳しい経済状態で働かせていた。

(2)彼女が仕事をすることを望んでいるにもかかわらず、合理的な理由なく仕事を入れないようにしていた。

(3)レプロ社長が能年との面談で、彼女の話を頭ごなしに否定した上、激高するなどのパワハラを行った。

本誌は、これらの記述をするにあたり、取材の一環として能年玲奈本人にも話を聞いている。このことは、法廷でも明らかにした。

また、(2)の一例である、映画「進撃の巨人」への出演を、能年本人が出演を希望しているにもかかわらずレプロが断った、という点についても、取材当時レプロの担当者は本誌に認めていた。

【【悲報】能年玲奈さん、月給5万円、下着も買えず。。。】の続きを読む

1: 2020/10/23(金) 20:35:46.09 ID:CAP_USER9

元モーニング娘。のメンバーでタレントの後藤真希が22日、自身のインスタグラムを更新し、クッキリと割れた腹筋を披露。ファンからは「スッゴイ!」「そこまでキレキレだとは…」などの称賛や驚きの声が集まった。

後藤が「かなり引き締まった感じ」と投稿したのは、へそ出しのタンクトップ姿で自身の腹筋を撮影した写真。後藤は知人のクリニックに訪れたそうで「筋肉鍛えるマシーンがあるからと体験してみたんだけど…ちょっとやっただけなのに、筋肉がキュッ!!!って」とコメント。最近は筋トレやストレッチを続けているようだが、自身のトレーニングと今回使ったマシーンについて「話にならない位効果が違う」とつづっている。

バッキバキに仕上がった後藤の腹筋に、ファンからは「腹筋スッゴイ!」「腹筋ヤバい」「そこまでキレキレだとは…」といったコメントが相次いでいた。

2020/10/23 17:00
no title

【【朗報】後藤真希さん、 バッキバキの腹筋を公開 www】の続きを読む


このページのトップヘ