令和萬報

1: 2019/05/14(火) 08:19:57.04 ID:DjD0MkHa9

5月12日、フジテレビ系『ボクらの時代』に出演した橋本環奈が、作品中の相手役との向き合い方について語った。

番組内で恋愛についてのトークが繰り広げられる中で「環奈ちゃんイケメンとかあんまこだわりないって言ってたじゃん」と出演者のきゃりーぱみゅぱみゅが切り出すと、同じく出演者の最上もがも「(橋本は)イケメンと日々さ、会うじゃん。撮影とかで一緒にしてると、イケメンにイケメンと思わなくなっていくんじゃないかな」とコメント。

それに対して橋本は「ちょっとそれわかるかも…。『慣れたのかな、自分』みたいな」と笑いながら答えた。

さらに最上も自身の体験を踏まえて「(共演男性に対して)ぜんぜん誰もイケメンと思わない!」と語ると「わかります!“イケメン、きゅん”みたいなのないです」と橋本も身振りを加えて同意した。

また、芝居経験がないというきゃりーから「彼氏役とか(相手を)好きな役とかで、ほんとに気持ちが『あれ?これ私好きか』ってなったりしないのかなって」と、恋人役になった相手を本当に好きになってしまうことはないのかと質問が投げかけられると、橋本は「その(撮影)期間、彼氏役とか自分が好きな役をやってたら、いいところを見つけようとは思うかもしれないですね」「(好きになる)努力をしようとは思うかもしれない」と回答した。

そして「役としての人を好きになっちゃったら、絶対ギャップはあるしね」という最上の言葉に橋本は「そうかも」と同意をした上で「(相手を)好きになってても、結局クランクアップしたらあえて自分で自制しようと思うかもしれないですね」と、真剣な表情で語った。

http://news.livedoor.com/article/detail/16454986/


no title

【橋本環奈「好きになってても…」】の続きを読む

1: 2019/05/11(土) 09:08:27.32 ID:DRm+pT+K9

原泰久の大人気漫画を実写化した映画『キングダム』が、公開から18日間で興行収入35億円を突破する大ヒットとなっている。原作を知らない観客からも感動を呼び、リピーターを量産していることが一つの要因と言えるだろう。とりわけ、主演の山崎賢人をはじめ、吉沢亮、長澤まさみ、本郷奏多、大沢たかおらキャスト陣の熱演は反響が大きく、鳥を模した不思議な蓑(みの)を被った山民族の末裔・河了貂(かりょうてん)という原作の人気キャラクターの一人を演じた橋本環奈も例外ではない。

原作漫画の5巻「王都奪還編」までを描く映画『キングダム』は、中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を夢見る戦災孤児の少年・信(山崎)と弟の反乱によって王座を奪われた若き王・エイ政(吉沢)が、王宮奪還に挑むさまを映し出す。橋本が扮した河了貂は、信とエイ政の窮地を助け、共に戦う重要なキャラクター。原作の初めのうちは男女のどちらなのか明確にされていない人物でもあり、橋本は「少年っぽさ」を意識して役に臨んだことを明かしている。

また、河了貂を演じるうえで欠かせないのが、鳥を模した被り物のビジュアル。衣装は甲冑同様に重量があり、たくさん羽根の付いた頭部分が特に重かったという。アクションシーンでは、一層コミカルに見えるよう動き方も工夫した。そこには、男くさい部分も多い原作の中で、いい意味で少し「気が抜ける」河了貂というキャラクターが持つ愛らしさを大切にしたいという思いがあった。

そうして誕生した実写版・河了貂は、SNSなどで「橋本環奈ちゃん以外、考えられない」「橋本さんを河了貂に配役しようと思った人はすごい」と受け入れられ、「可愛すぎる」「声も仕草もかわいい」「安定したかわいさ」と橋本に癒やされる人が続出。謎の生物的な河了貂の特殊なキャラクターと、橋本の無邪気さが見事にマッチした結果が表れた。(編集部・小松芙未)

http://news.livedoor.com/article/detail/16441625/ 


006f572c.jpg


3fc55fd2.jpg


8725961d.jpg


c583aa0e.jpg


b6363a79.jpg


【可愛すぎる!橋本環奈の河了貂が大好評 www】の続きを読む

1: 20/01/21(火)22:45:12 ID:vB3

【一発屋の歌、今聞いてみても名曲だった www】の続きを読む

1: 20/01/21(火)23:33:51 ID:vyX
どうぞ

【B'zに詳しいけど質問ある?】の続きを読む

1: 2020/01/21(火) 23:04:51.32 ID:qgVXHenZ0
終盤の「いいね!」連発が寒いだけでその前までは普通に面白い

【【朗報】M-1グランプリ2019の和牛のネタ、今見ると面白い www】の続きを読む


このページのトップヘ