令和萬報

1: 2020/11/27(金) 16:40:40.22 ID:X1B/12Lj0● BE:784885787-PLT(16000)

no title

「コラ 手ェ止めてんじゃねぇボケ!ライン止まるだろうが!」「やる気あんのかコラァ!生産追いついてねぇだろがぁ!あと2時間残業だボケェ!」工場内に罵声が響く―――

コロナで変わる世界 雇用激変 JAL社員、食品工場で袋詰め作業

「たまに空を見上げて飛行機を見ると、会社が恋しくなるんですよね。近くで飛行機を見たいって。今まで当たり前だったのに……」。千葉県香取市にある冷凍食品加工工場「さあや’Sキッチン」で働く篠塚茜さん(35)は、そうつぶやいた。篠塚さんは、日本航空(JAL)のグループ会社、JALグランドサービスの社員だが、10月からこの工場で働いている。

雑菌などを防ぐ部屋でガウンを着て、冷凍ホウレンソウを計量カップでケースからすくい取り、黙々とビニール袋に詰めていく。午前9時から午後5時まで、10人ほどの同僚と手作業で3000個を袋詰めする日もある。製品は関東地区の生協などの店頭に並ぶ。

毎日新聞2020年11月26日 09時58分(最終更新 11月26日 12時04分)
no title

【【悲報】JALスッチー、出向先で屈辱のライン作業 www 『なぜ私がこんな目に…』 高卒現場監督の罵声にこぼれる涙 www】の続きを読む

1: 2020/11/27(金) 14:58:55.57 ID:+yKasjgi0 BE:324419808-2BP(2000)

新型コロナ 東京都で過去最多の570人感染確認

【【亡国のGoto!】東京 +570 【新型コロナ】】の続きを読む

1: 2020/11/27(金) 18:50:49.11 ID:YggFPHtt0 BE:668024367-2BP(1500)

新型コロナウイルス対策の入国制限措置をめぐり、茂木外務大臣は記者会見で、先の日中外相会談で合意した中国との往来再開を、今月30日から開始することを明らかにしました。新型コロナウイルス対策の入国制限措置をめぐり、日中両政府は先に行われた茂木外務大臣と王毅外相との会談で、ビジネス関係者などを対象に、今月中に往来を再開させることで合意しました。

これについて、茂木大臣は記者会見で、中国との往来は今月30日から開始することを明らかにしました。

そのうえで、「感染拡大の防止に最大限の注意を払いながら国際的な人の往来を再開していくことは極めて重要なことだ。特に感染が拡大する前は、中国との往来がいちばん多かったわけであり、段階的だが、往来が再開することを歓迎したい」と述べました。

経団連 古賀審議員会議長「歓迎したい」

ビジネス関係者などを対象にした日本と中国との往来の再開について、経団連の古賀信行審議員会議長は「日本企業にとって中国でのビジネスが占める割合は大きく、通信手段が発達したとはいえ往来が出来ないことは課題だった。その課題が解消されることは、正常化に向けた大きな一歩で歓迎したい」と述べました。


【【頭おかしいのか?】茂木外相、中国との往来再開を表明 www】の続きを読む

1: 2020/11/25(水) 10:29:15.73 ID:C4AgWFG40● BE:618588461-PLT(36669)

ダブルソースという必殺技

安倍晋三前首相の後援会が「桜を見る会」の前日に主催した夕食会をめぐり、安倍氏側が2019年までの5年間に、費用の不足分として総額約916万円を負担していたことが、関係者への取材で分かった。支払いを受けたホテル側が発行した領収書の宛名が、安倍氏が代表を務める資金管理団体「晋和会」だったことも判明。東京地検特捜部は、安倍氏側が不足分を補塡(ほてん)していたことを示す証拠とみて、政治資金規正法違反(不記載)にあたるかどうかを調べている。

ふたつめ

安倍晋三前首相(66)側が主催した「桜を見る会」の前夜祭を巡り、安倍氏側が費用の一部を補填(ほてん)した際、会場のホテル側から受け取った領収書を廃棄していた疑いのあることが関係者の話でわかった。

【【悲報】安倍元総理さん、桜を見る会で916万円補填 www 証拠隠滅の為、領収書は破棄 www 確信犯だろ、これ www】の続きを読む

1: 2020/11/26(木) 15:23:59.90 ID:FK7fM1wY0 BE:422186189-PLT(12015)

「うちの病院に救急で運ばれてきた患者さんですが、ここにたどり着くまでに15カ所もの病院に断られたそうです。結果的に盲腸だったのですが、熱があったためコロナの疑いがあるとされて、たらい回しになったようです」(病院関係者)

コロナ第1波の際、救急患者のたらい回しや、入院・手術のタイミングが遅れるなど通常の診察や治療に支障が出た。あのパニックが再び、である。第1波から5カ月もの時間があったのだから、政府がもっと医療体制の強化に本腰を入れていれば違ったはずだ。

医療ガバナンス研究所理事長の上昌広氏がこう言う。「先日も1型糖尿病の人が足が壊死してきて、かかりつけの病院に行ったら、コロナで病床が空いていないと言われたそうです。医療機関への負荷は確実に増えています。医療崩壊を防ぐという点でも検査拡充が重要なのです。病院やクリニックですぐに検査ができる体制ならば、患者がコロナかそうでないかすぐに分かる。コロナの疑いが消えないからと、救急車で病院をたらい回しにされることもなくなります」


【【亡国のGoto!】いま札幌が熱い www 救急拒否で「盲腸で瀕死」「糖尿病で足が壊死」など続出中 www】の続きを読む


このページのトップヘ