2020年06月

1: 2020/06/28(日) 17:31:05.40 ID:E9uBgs7P0● BE:811133648-2BP(2000)

ソーステレビ

【【新型コロナ】東京+60 [6/28]】の続きを読む

1: 2020/06/28(日) 17:45:48.88 ID:9hTvzj4+0● BE:725951203-PLT(26252)

小樽市によりますと、28日、感染が確認された14人は全員、小樽市中心部の繁華街、花園地区にある昼間にカラオケができる3店舗のスナックいずれかの利用者だということで、市はこの3店舗でいずれもクラスター=集団感染が発生したと認定しました。

市は、感染経路が追えていないとして、このうちの1店舗が市内のスナック「カレン」だと店名を公表し、利用した人は市に連絡するよう呼びかけています。

昼間のカラオケに関係する感染者は、これで死亡した1人を含む33人になりました。

年齢が公表されている人は全員60代以上だということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200628/k10012486991000.html

【【悲報】小樽+14!全員カラオケ www【新型コロナ】】の続きを読む

1: 2020/06/28(日) 17:58:33.25 ID:h1f3c8xW0 BE:663277603-2BP(2000)

三井ショッピングパーク ららぽーと、新しい生活様式に対応したバーゲン「はじまるよ。マナーバーゲン」6月26日~7月9日開催

【【悲報】休日のららぽーとに行ったら100密すぎてワロタ!半分コロナクラスター出来てるだろ www】の続きを読む

1: 2020/06/28(日) 18:05:21.50 ● BE:828293379-PLT(13345)

ガンダムエース最新号より七ページに渡るロングインタビューより「コロナ禍でぼくらは。」

・コロナを分かったように分かる範囲で言葉にするテレビレベルで解答はでない。二ヶ月くらいコロナ関係の番組は一切見ていない
・この無関心さも問題で無関心になった理由も1週間前までわからなかった
・2年後には終息すると思う。根拠は2,3年で収まったペストやコレラ、それだけ。
・その時に「おめでとう」とオリンピックをやってもいい。来年はありえない

・この期に何億も死者がでて人類が真っ青になったほうが良かったのではと考えている
・これ以上人類が増えたら地球は絶対にもたない
・(WW2後の人口増加数は)新型コロナより異常
・増える世界人口、大量消費への意識、常識をもたないといけない時代
・この異常さをテーマにした物語を作る。4ヶ月家に居た間そのようなテーマの作品を作っていたので今後はそういうものに期待してください

・鬼滅の刃は読んでないしアニメは6話まで。
・原作者の見事さは理解できている。
・多少嫉妬を感じるような良い作品
・それだけに経営者脱税には怒りが。金儲けでアニメを作るなら作品に手をださないでいただきたい
・お前も、と言われるだろうけどガンダムで儲けてるのは僕じゃない。そういう構造ではないので勘違いしないで
・ガンダムエースを支持する時代は終わった方がいい。皆さんガンダムエースを忘れましょう
・ だって新しいものがない
・面白い漫画を描く人はおおむね絵が下手。
・絵が上手くストーリーも持ち出せるのは尾田栄一郎さんくらい


【富野由悠季 「コロナで何億人も死者が出ないと、地球が持たん時が来ているのだ!」】の続きを読む

1: 2020/06/28(日) 18:47:32.81 ID:EXX76nF50● BE:479913954-2BP(2931)

香港に異変「反中国政府デモに人が集まらない」その理由

中国による「国家安全法」導入を阻止しようと、香港内では中国政府への抗議デモが行われている。だが最近は人が集まらず、抗議運動を取りやめるケースも出てきた。香港居住権をもつ在英ジャーナリストのさかいもとみ氏は「生活に余裕のない貧困層にとっては民主化よりも生活が大事で、デモを主導する中間所得層と温度差が広がっている」と指摘する――。

■「事態が変わらない」と諦めムードが広がっている

昨年夏以降、幾度となく市民と警官隊による激しい衝突が起きている香港。空港の閉鎖や市街地での混乱により、外国からの訪問客が減少。これにコロナ禍が追い討ちをかけ、中国政府による「国家安全法」の導入問題が重なる格好となり、香港はかつてない「危機」に陥っている。

若者を中心とする民主化運動を進める人々の間では「いくら抗議活動を行っても、事態が変わらない」といった諦めのようなムードが広がっている。一方で、日頃の生活を維持するのが精いっぱいの労働者層の間では「誰でも良いから、早くデモ活動を抑えてほしい」というのが本音のようだ。

香港紙「明報」はさる5月、香港の社会情勢をどう捉えるかを尋ねるアンケートを実施した。その結果を見ると、「香港の社会の前途に期待できない」との回答が50%超、「中央政府を信任するか否か」では10点満点で0点が47%にも達している。つまり、半数の市民が「香港の将来に失望」していることがうかがえる。

■中国からの独立はもちろん、反政府行為も「犯罪」

中国が進める「香港国家安全維持法案」は欧米を中心に「一国二制度」に抵触するとの懸念の声が強いが、それでも7月中には成立する見通しだ。全人代の常務委での討論を経て、次のような「禁止行為」が盛り込まれた。

「香港国家安全維持法案」
成立すると、次の4つの行為が国家安全を脅かす犯罪行為として禁じられる。
・中国からの離脱を目指す「分離独立行為」
・中央政府の権力もしくは権威の弱体化を意図する「反政府行為」
・他人への暴力や脅迫を仕掛ける「テロ行為」
・外国勢力との結託

うち、4つ目の項目はもともと「国外勢力による香港への干渉活動」となっていたが、これを外すことで諸外国からの懸念や批判をかわそうとする意図を感じる。ただ、新たに「外国勢力との結託が違法」と記されたことで、民主派が外国勢力の支援を受けながら活動する芽を摘み取られる可能性が高い。

また、既存の香港の法律と矛盾した際には、維持法の規定を優先して適用するとの付則も付くという。つまり中央政府に主導権があると示した格好となっている。こうした状況の中、中国政府は目下、香港の議会に当たる「立法会」での採決を経ない形で同法案の成立を目指そうとしている。


【【悲報】香港デモ、参加者が激減!民主化よりも今の生活が大事 www】の続きを読む


このページのトップヘ