1: 2019/04/01(月) 12:47:12.49 ID:2Lh7ck8o9
安倍首相は新元号の万葉集からの引用について「わが国の豊かな国民文化と長い伝統を象徴する国書だ」と述べた。


【【令和】安倍首相「万葉集は日本の文化と長い伝統を象徴する国書だ」】の続きを読む

1: 2019/04/01(月) 12:45:55.64 ID:WXEAgKx09

新元号が「令和」に決まりました。各地の反応や動きです。

東京 新橋のJR新橋駅前で、新しい元号が「令和」と発表されたことについて聞きました。

24歳の会社員の男性は「自分の名前の和が入っていて、うれしいです。私は平成生まれですが、新しい時代もよい時代になるといいですね」と話していました。

また、70歳の男性は「平成は災害が多い時代でした。和という字は平和という印象なので、新しい時代も平和であってほしい」と話していました。

50歳の会社員の男性は「令という字の意味はわかりませんが、和という字は昭和で使われていたので意外でしたがすぐに馴染めそうです」と話していました。

羽田空港では、出発ロビーのテレビの前に多くの旅行客などが集まり、新しい元号が発表されるとどよめきとともに「すごい」という声があがり、拍手が起きました。

そして、新元号の映るテレビ画面をスマートフォンなどで撮影し、なかには涙を流す人の姿もありました。

都内の80歳の女性は「すばらしい元号だと思う。昭和・平成そして令和を迎えることができてうれしく自然と涙が流れました。
私は戦後の貧しい生活を体験しているので、戦争のない平和で豊かな時代であってほしい」と話していました。

ことし生まれた子どもとともに発表を見守った26歳の女性は「平成最後に生まれた子どもと一緒に新元号の発表に立ち会えてうれしい。
新元号は万葉集にあるということでとても美しいと思います。平和な時代になってほしい」と話していました。

函館市に引っ越すという35歳の男性は「新元号が発表される直前はどんな元号になるのかどきどきしました。
きょうから函館市で新生活を送るタイミングで新元号が発表されたので、新たな時代とともに私自身も幸せになりたいです」と話していました。

中学1年生の男子生徒は「新元号をいろいろ予想していたのですが頭文字が『R』だとは思いませんでした。新元号発表のタイミングに立ち会えたことを一生忘れません。
新時代は勉強も部活も頑張っていきたいです」と話していました。

大阪の繁華街 ミナミの道頓堀では新元号の発表の瞬間を伝える大型ビジョンの前に大勢の人が集まり、手にスマートフォンを構えるなどして発表の瞬間を待ちました。

そして、「令和」という新たな元号が発表されると大きなどよめきが起こりました。

大阪に住む60代の男性は「『和』は『平和』の『和』、ということで平和の意味が込められていると思ったが、『令』は意味がわからなかった。
詳しい説明を待ちたいが、今まで以上に幸せで平和で災害のない時代になってほしいと思う」などと話していました。

また、10代の男性は「予想していたようなことばとちがってびっくりした。『命令』の『令』だからルールを守って平和な時代にしようという意味かなとも思った」などと話していました。

平成と同じ漢字で「へなり」と読む地区がある岐阜県関市内の道の駅では、地域の住民などが集まって新元号の発表を見守りました。

岐阜県関市の「平成」と書いて「へなり」と読む地区では、市や地元のNPOなどが立ち上げた「ありがとう!平成時代実行委員会」がこの1年、平成に感謝を伝えるさまざまな催しを行ってきました。

1日は、市内の道の駅に新元号の発表を見守れるよう、パブリック・ビューイングの会場が設けられ、実行委員会のメンバーや地域の住民など、およそ120人が集まりました。そして、午前11時40分ごろに新元号「令和」が発表されると少しどよめきが起こったあと拍手がわき起こりました。

実行委員会では、今月30日の平成最後の日に、この道の駅で地域の特産品をPRする催しを、来月1日には、地域にある山で新元号になってからの初日の出を見る催しを開くことにしています。

パブリックビューイングの会場に集まった人たちは「いい名前だと思います。全く想像外でした」とか、「私は平成生まれですが、新しい元号を聞いて気持ちを切り替えて頑張っていきたい。みんなで“和”を作って平和に過ごしていきたい」と話していました。




【【新元号】羽田空港で大勢が拍手、道頓堀では大きなどよめき。新元号「令和」各地の受け止めは…?】の続きを読む

1: 2019/04/01(月) 12:44:45.86 ID:2Lh7ck8o9
安倍首相は、新元号について「若者たちにとって希望に満ちあふれる日本を国民のみなさんとつくりたい」と述べ、若者を意識した選定だったと明らかにした。


【【安倍首相】令和「若者の希望あふれる日本つくる」】の続きを読む

1: 2019/04/01(月) 12:37:20.77 ID:lXp6hK5e9

新元号に関する懇談会に、有識者のひとりとして出席した京都大学の山中伸弥教授は4月1日、報道陣に対して、「結果として、素晴らしい元号に選ぶ過程に立ち合わせていただいたことを、光栄に感じています」と述べた。

記者から「令和」という元号について感想を問われると、「初めて日本の古典から選ばれた言葉ですし、令という時は、元号には使われるのは初めてで、和は昭和の和で過去にも使われている。伝統を重んじると同時に、新しいものにチャレンジしている日本の姿に非常にぴったりの元号ではないか」と語った。

続けて「科学者として、過去の知見を大事にしながら新しいものを見出していくのが仕事なので、素晴らしい元号だと思う」と、自身の職業を踏まえて付け加えた。

また、新元号の候補について問われると、「前回よりも少ないこともなかった」と言うに留めた。

【【新元号の令和】有識者の山中伸弥教授「伝統と新しくチャレンジする日本の姿にぴったり」】の続きを読む

1: 2019/04/01(月) 12:30:43.71 ID:WXEAgKx09

新しい元号「令和」の「令」という漢字は今回、初めて元号に使われます。一方、「和」は「昭和」や「和銅」など、これまでに19回元号に使われていて今回で20回目になります。

【【元号】新元号の「令和」、「令」の字は元号初登場。「和」は20回目】の続きを読む

このページのトップヘ