1: 2021/02/22(月) 12:45:22.14 ID:hvn6lHeK0● BE:509689741-2BP(6000)

小木博明の“クラブハウス乱入事件”でたかまつななが謝罪「お互い攻撃し合う形に…」

お笑いジャーナリストのたかまつなな(27)が、「おぎはやぎ」小木博明(49)に謝罪した。

小木は10日放送の「バイキングMORE」(フジテレビ系)で森喜朗氏の女性蔑視発言に関する話題から「男女平等とか言ってますけど、女性の方が今はもう上だから、怖いんですよね。女性ってピラニアじゃないですか」などと発言。これが批判を招き、いま話題の音声SNS「クラブハウス」でも小木に関するルームが開かれる事態となった。

ルーム内では当初、小木個人の話で盛り上がっていたが、次第に家族のことにまで議論が発展。すると、これを聞きつけた小木本人が同ルームに参戦。ツイッターでは「小木さん」がトレンド入りした。

このルームに参加していたたかまつは17日、自身のユーチューブチャンネルで「【小木さんが心配】クラブハウスでの炎上の経緯と謝罪」と題した動画を投稿。ルームでは参加者同士がヒートアップする場面もあったといい「クラブハウスで、一部のフェミニストと議論した結果、少し溝ができてしまい、お互いの賛同者がお互いを攻撃しあっているような形になってしまいました」と説明した。

たかまつもまた、自身の発言をめぐって他の参加者から叩かれた。「語り口の優しさが私は大事だと思うんです。目的がよくても、手段がダメなことがある。目的は平和や女性差別をなくすことのはず。だから、私は小木さんがいじめられているように感じたので、それではダメではないかと思った」
 
たかまつはそれらを踏まえた上で「このような事態になり、お詫び致します」と謝罪した。

なお、クラブハウス内の会話は原則録音・録画禁止となっているが、ネット上では“小木乱入事件”の音声が拡散されている。今回の騒動は秘匿性をウリにしたクラブハウスそのものの存在意義についても関わってきそうだ。

【【疑問】女さんは攻撃的なフェミをどう思ってるの?】の続きを読む

1: 2021/02/28(日) 13:21:26.87 ID:ydEqKl/40 BE:866556825-PLT(20500)

「自分で購入して細工」トイレの幼児用シート取り外しスマホ付きに付け替える 男逮捕

飲食店のトイレ内にある幼児用シートの化粧カバーを、スマートフォン付きに細工したものに取り換えたとして、兵庫県警須磨署は28日、県迷惑防止条例違反(卑わいな行為等の禁止)の疑いで、神戸市中央区の無職の男(36)を逮捕した。男は調べに「私がした行為については、事実その通り間違いありません」と容疑を認め、同署は盗撮目的だったとみて調べる。

逮捕容疑は、27日午前9時50分~午後3時10分ごろ、神戸市須磨区内の飲食店にある男女兼用トイレで、幼児を座らせておくためのシートのプラスチック製化粧カバー(縦約50センチ、横約30センチ)を取り外し、スマホを付けた同サイズのカバーを設置した疑い。

同署によると、男は客として入店。内側に固定したスマホのレンズの部分に穴を開けた化粧カバーを、かばんに入れてトイレに持ち込み、ドライバーなどを使って付け替えたという。スマホで撮影した映像が、男の手元にあるもう1台のスマホで確認できる仕組みだったといい、同署は、動画が残っていないか調べる。

同日午後3時すぎ、店の客から「スマホで勝手に他の客を撮影している男がいる」との届け出があり、同署員が男に事情を聴いたところ、「トイレにスマホを仕掛けた」と供述。持ち込んだ化粧カバーは「自分で購入して細工した」などと話しているという。

【【神戸市】完璧な仕掛けで望み勝負で負けたトイレ盗撮師。しっこの後トイレから出てきた客を撮影し逮捕 www】の続きを読む

1: 2021/02/28(日) 13:15:27.19 ID:7X3rbN9I0● BE:632443795-2BP(10000)

陸自ヘリから部品落下 沖縄上空を飛行 重さ3グラム、配線保護カバー

陸上自衛隊第15旅団は26日午前10時40分ごろ、緊急患者空輸を終えて那覇基地に戻ったUH60JA多用途ヘリコプターからプラスチック製部品(重さ約3グラム、長さ約12センチ)がなくなっているのを確認した。飛行中に落下したとみられるが、部品は見つかっておらず落下場所は不明だ。原因は調査中。

陸自によると、落下したとみられる部品は、尾翼付近の配線を保護するためのカバー。プロペラが凍るのを防ぐための装置に関連している。

当該ヘリは26日午前7時50分に那覇を出発し、鹿児島県の航空自衛隊沖永良部島分屯基地で患者を乗せて午前9時8分に離陸した。その後、与那原町や漫湖公園(那覇市、豊見城市)の上空を通って午前9時56分、那覇に戻った。

沖縄県は情報を収集し、対応を検討する。


【【沖縄県】部品落下させた陸自ヘリ、漫湖の上を飛行 www】の続きを読む

1: 2021/02/28(日) 02:01:10.47 ID:zj2DCNsi0 BE:866556825-PLT(20500)


岐阜県警高速隊は26日、道交法違反(酒気帯び運転)の疑いで、富山県射水市の男(27)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は同日午後7時5分ごろ、飛騨市古川町の国道41号で、酒気を帯びた状態で乗用車を運転した疑い。

同隊によると、同日午後6時15分ごろ、男が「(東海北陸自動車道)城端サービスエリアで飲酒している。岐阜方面に向かう」と110番。名前や車のナンバーも伝えたという。

パトカー2台が出動して高山市清見町の同自動車道で警戒していたところ、男の車を発見し、停止を求めた。男は指示に応じず逃走。飛騨清見インターチェンジで高速道路を下りて、発見地点から約24キロ先の飛騨市古川町の国道41号で止まった。呼気検査で基準値を上回るアルコールが検出された。高速隊は動機、自ら通報した経緯を男に聴いている。

【【富山県射水市】酒車カス「城端SAで酒飲んだ。これから岐阜に向かう。ナンバーは○□」警察「え?」自ら110番して逮捕 www】の続きを読む

1: 2021/02/28(日) 01:33:19.61 ID:W7CzLyka0● BE:896590257-PLT(21003)

“性指向”たった1つの遺伝子が左右 東大研究
2021/02/27 12:31 テレ朝ニュース

■たった1つの遺伝子が“性指向”を左右

1つの遺伝子を働かないようにさせたメスのメダカが別のメスの目の前で体を回転させる求愛ダンスと呼ばれる動きを繰り返す。東京大学の大久保範聡准教授らの研究チームが確認した行動だ。

研究チームは、メスのメダカでEsr2bという遺伝子を働かないようにするとオスからの求愛を拒否したうえ、みずから別のメスに対して求愛することを発見した。Esr2bは、女性ホルモンの受け皿となる遺伝子で、働きを止めるとメスの体内にもある男性ホルモンによって、オスのような行動をとるようになる。研究の過程でメスにしかない卵巣で男性ホルモンが作られていることも分かったという。


■“性指向”遺伝子は性ホルモンの比率でスイッチがON・OFF

研究チームはさらに、女性・男性それぞれのホルモンの量が、メダカのEsr2b遺伝子が働くかどうかを左右することも発見した。メスのメダカの体内で男性ホルモンが女性ホルモンよりも多くなるようにすると、Esr2b遺伝子が働かなくなって、オスのように振舞うようになる。逆に、オスのメダカの体内で女性ホルモンが多くなるようにすると、Esr2b遺伝子が働くようになったという。魚類は、生涯にわたって性転換する能力があることが知られている。研究チームは性ホルモンのバランスによって、“脳の性別”も簡単に変わることが可能になっているのかもしれないとしている。


■人の場合はさらに複雑なメカニズムか

こういった“性指向”を決める仕組みは、ショウジョウバエでは発見されていたが、ヒトを含む脊椎動物で確認されたのは初めてだ。ヒトの場合は、さらに多くの遺伝子が少しずつ関わる複雑なメカニズムがあるとみられているが、まだ解明されていない。さらに魚類とヒトの大きな違いも重要だ。ヒトの“性指向”は先天的に決まっていて、生まれたあとの環境が原因でが変わることはなく、後天的な変化はないとされる。

no title


【【速報】ホモは先天的 www 生まれたあとの環境が原因でが変わることはない www 【東京大学】】の続きを読む


このページのトップヘ