令和萬報

時事・社会・スポーツ・芸能!オール・ジャンル・ブログです!


1: 2020/09/27(日) 12:29:53.30 ID:CAP_USER9

女優の竹内結子さんが死去したことが27日、分かった。40歳だった。

同日未明、都内の自宅でぐったりしている竹内さんを夫で俳優の中林大樹(35)が発見し、119番通報。その後、搬送先の病院で死亡が確認された。自殺の可能性もあることから、警視庁が慎重に調べている。

捜査関係者によると、自宅には当時、竹内さん、中林、2人の子どもの4人がいた。亡くなる前日26日夜も4人で過ごしており、普通に会話を楽しんでいたという。また、事件性はないことから、遺族への配慮もあり、家族への聞き取りは時間がたってから行うという。

スポニチ

【竹内結子さん、亡くなる前夜も家族4人で団らん。。。】の続きを読む

1: 2020/09/27(日) 11:46:24.03 ID:CAP_USER9

9/27(日) 11:27
配信
東スポWeb

竹内さん自殺か? 第一発見者は夫で遺書はなし

女優の竹内結子さん(40)が27日、東京・渋谷区の自宅で死去していることが判明し、衝撃が広がっている。

関係者の話を総合すると、竹内さんは昨日夜は、夫で俳優の中林大樹(35)と夕食をともにした後、自宅内の2階に向かったという。

その後、中林が寝室に入ったところ、ウオークインクローゼット内で、首を吊った状態の竹内さんを発見。午前2時前に119番通報した。
 
竹内さんは心肺停止の状態で救急搬送されたが、病院で死亡が確認された。遺書はなかったとみられ、現場状況から警視庁は事件性はなく、自殺とみている。


【竹内結子さん、ウオークインクローゼット内で首吊り。。。遺書は無しとみられる。。。】の続きを読む

1: 2020/09/27(日) 11:37:11.66 ID:CAP_USER9

竹内結子さん死去 代表作多数 最新出演映画「コンフィデンスマンJP」では三浦春馬さんと共演も

最新の出演映画は7月公開の「コンフィデンスマンJP プリンセス編」で、7月に亡くなった三浦春馬さんとも共演していた。
no title

no title



ざわつく「ブラッディ・マンデイ」 藤木孝さん死去…出演者に不幸相次ぐ

三浦春馬さん、芦名星さんに次いで藤木孝さんまでも…

2008年に放送されたドラマ『ブラッディ・マンデイ』(TBS系)がネットをざわつかせている。このドラマに出演していた俳優、藤木孝さんが20日、東京都内の自宅で死亡しているのが見つかったのだ。藤木さんは自殺とみられるが、くしくもこのドラマでは今年に入って出演者に不幸が相次いでいるのだ。


芦名星さん 三浦春馬さんとは気心知れた同志のような間柄
 
9月14日、自室で亡くなっている姿が発見された女優の芦名星さん(享年36)。彼女の心の支えだったというのが、三浦春馬さん(享年30)だ。2人はシーズン1、シーズン2と放送されたTBS系のドラマ『ブラッディ・マンデイ』(2008年、2010年)で共演していた。「お互いに生真面目で、思い詰めてしまうような一面があり、相通じる部分があったのでしょう。撮影時から演技論を交わして親交を深め、クランクアップ後も飲みに行く仲になったようです。といっても恋愛関係ではなく、気心の知れた“同志”のような間柄で、いろいろと相談し合っていたと聞きます」(芦名さんの知人)

だが7月に三浦さんが自ら命を絶ち、芦名さんは深い喪失感に苛まれた。三浦さんの四十九日翌日の9月5日に、彼女はインスタグラムの“裏アカウント”にこんな投稿をしている。

《そっちはどう? こっちはなかなか(笑) 会いたい。ふつーに会いたいよ(泣き顔の絵文字)》

【自殺した竹内結子さん、芦名星さん、藤木孝さん、3人とも故・三浦春馬さんと親しかった共演者。。。】の続きを読む

1: 2020/09/27(日) 10:32:32.84 ID:CAP_USER9

9/27(日) 10:23
スポーツ報知

竹内結子さん急死でイモトアヤコを心配する声が殺到「大丈夫ですか。すごく心配」「真っ先に浮かびました」

イモトアヤコ

女優の竹内結子さん(40)が亡くなったことが27日、明らかになった。関係者からの連絡で都内の自宅から病院に運ばれたが死亡が確認されたという。

竹内さんと親交のあったタレントのイモトアヤコ(34)のインスタグラムには、ファンから「いちばんに頭に浮かんだのは、イモトさん。。イモトさん。。。。。大丈夫ですか。すごく心配」「真っ先にイモトさんのことが浮かびました。大丈夫ですか?心配しています」「イモトさん無理せず、しんどい時は周りに頼ってくださいね」など心配する声が殺到している。


【竹内結子さん急死でイモトアヤコを心配する声が殺到・・・】の続きを読む

1: 2020/09/27(日) 10:27:00.56 ID:CAP_USER9

2020/09/07
no title

no title

no title

no title





結婚、妊娠、出産、家庭と仕事との両立……。女性の30代は、人生の岐路と選択の連続です。

この道で間違いなかったのか、この先の40代をどう生きるのか、思い悩むことの多い世代でもあります。

1980年生まれ、今年でジャスト40歳の女性は、30代をどう振り返り、今何を思うのか。竹内結子さんにじっくりお話を聞きました。

(9/7発売のLEE10月号では、竹内結子さんのほか、優木まおみさん、花楓さん、辻村深月さんのインタビューも掲載しています)

30代までの自分に
お疲れさまと言いたい気分

今年の1月に第2子を出産後、初のLEEでのインタビューとなる竹内結子さん。育児と向き合う中で40歳を迎えた竹内さんの表情はとても穏やかで、心のゆとりを感じさせます。

「40歳という年齢に後ろ向きな気持ちはまったくなくて、むしろ肩からポロポロといろいろなものが落ちて、軽くなるような感覚がありますね。自分のポジションを作らなきゃって頑張っていた20代、子どもができて自分の人生を考えるようになった30代前半。30代中盤は、いただく役柄の影響もあってか、人を引っ張っていくようなポジションが増えて、妙な気負いがあったタイミングも。今はまたひとつ段階が進んで、これまでの自分にお疲れさまという気分ですね。その流れの中で、30代は体の変化も感じるようになり、20代の頃のように気持ちだけでは徹夜できないと実感して。ひとりでやりたい、頑張れるはずだと頑なだったのですが、周りの手を借りないといけないなと気づいた時期でもありました。人に頼れるようになったことは、大きな変化ですね」

久々の赤ちゃんとの生活でも、できるだけ周りに助けを求めるようにしているそう。「わかっていたつもりでしたが、眠れないし、もらった風邪はなおらないし……。赤ちゃんのお世話は本当に大変ですね。育児の常識も長男のときとは変わっていることが多くて、育児雑誌で離乳食について調べたりしています。30代は仕事と育児を両立する中で、例えば『お茶を飲んで一息つきたいな』と思っても、それが自分のわがままなんじゃないかと感じて、押し込めていました。そのイライラが、外に向けて出てしまっていたんですね。でも今はしんどかったら『はい、交代して』と言えるように。自分の中で気持ちを煮詰めてしまうからこじれるのであって、どうしてほしいかをストレートに伝えればいいんだと気づきました。最近も、思ったことはその場でパッと出すトレーニングをしているところ。決してうまくはないけれど、20代、30代よりはできるようになったんじゃないかなと思います」

育児休暇とステイホーム期間が重なり、家で過ごす時間が長くなったことで、人生を見直すきっかけになったとも。「実は2度の出産で仕事を離れることには不安がありました。特に長男のときは、私の代わりはいくらでもいると思っていて、怖くてたまらなかった。少しでも早く仕事に復帰して、多くの現場をこなさなきゃと必死でした。でも今回、たっぷり時間があって家族と向き合って、自分の人生をもう少し大事にしてもいいんじゃないかなと思えました。これまでもおろそかにしてきたわけではないけれど、子どもとゆっくり向き合ったり、毎日の献立をのんびり考えたり。わが家ではカセットコンロがよく登場するのですが、家族の中で長男が作ったたこ焼きが一番おいしかった!という発見があったり。40代も仕事という軸は持ちながら、家族との時間を楽しんでいきたいですね」

【竹内結子「家で過ごす時間が増え人生を見直すようになった」】の続きを読む


このページのトップヘ